コンサル業界に対する新型コロナウイルスの影響は?

経営コンサルタント

この記事では、

  • コロナウイルスはコンサル業界に影響しているのか?
  • コロナウイルスってコンサル業界にどう影響しているんだろう?

という方の疑問に答えます。

本記事は、実際にコンサルティングファームに勤務している著者(ぺりそん)の経験をふまえて書いています。

新型コロナウイルスの流行で大騒ぎになっている昨今ですが、コンサル業界はコロナウイルスでどのような影響を受けているのでしょうか。

気になる方も多いと思いますので、ぜひ参考にしてみてください!

コンサル業界に対する新型コロナウイルスの影響は?

Coronavirus, ウイルス, マスク, コロナ, パンデミック, アウトブレイク, 病気, 流行

コンサル業界にも影響しまくってます

新型コロナウイルスですが、コンサル業界にも影響しまくりなんです。

というのも、コンサル業界はクライアント先に常駐する案件が大多数なので、そのクライアントが影響していれば、コンサル業界にも影響するのが当たり前ですよね。

どのように影響しているかと言うと、

  • リモートワーク化・時差出勤化
  • 案件受注増加

などです。

ではそれぞれ説明します。

リモートワーク化・時差出勤化

新型コロナウイルスの影響で、多くの企業がリモートワークや時差出勤に変わっています。

クライアント先がそのように変更した場合、クライアント企業に合わせてコンサルタントもリモートワークや時差出勤しています。

コンサルタントだけ会社に来たり、早く来たりしても意味がないですからね。

実際、私の周りの多くのコンサルタントがリモートワークや時差出勤に変わったと言っていました。

私が入っていた案件についても、リモート化するための社内規制を整備した後、リモートワーク化するという対応です。

でも、コンサルティングファーム本社は、全然リモートワーク化していませんでした…。

仕事内容的にリモートでできる内容じゃないのかもしれませんが。

労務や情シス等の本社勤務職員がウイルス拡散して本社が機能しなくなる可能性ありますね。

案件受注増加

新型コロナウイルスの影響で、多くの企業で売上が下がっています。

コロナ倒産という言葉も飛び出すほどです。

それに伴って、ピンチを乗り切るためにコンサルを雇う企業が増えています。

また、そこまでいかなくても、

  • リモートワークってどうやるの?
  • 時差出勤のためにどう社内整備すればいいの?

というクライアントに対してのコンサル案件も増えています。

コンサル業界に対する新型コロナウイルスの影響は?のまとめ

大流行しているコロナウイルスですが、コンサル業界も大混乱です。

コロナウイルスを始め、これからも経済界は不安定だと言われています。

経済界が不安定ということは、コンサル需要が増加するということです。

つまり、コンサル業界はまだまだ衰えない業界だと思いますので、

これからコンサルタントを目指している方などにとってはチャンスです。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました