【26歳男子】お肌が荒れる原因を徹底的に探求した結果

プライベート

この記事では、

 

  • 若い男子でニキビに困っている
  • どうしたら良くなるのか知りたい

 

という方に向けて書いています。

僕は現在26歳の男子なのですが、高校生、大学生時代から割と顔にニキビができやすく、
常に2.3個は新しいニキビがあるという状態で過ごしてました。

体質の違いはもちろんありますが、 同じ年代でも顔にニキビがない人もたくさんいるので、
自分にニキビができる原因を徹底的に探求してみました!

その結果、効果のあるものもあれば、効果がわからないものもありました。

人によって合う合わないはあると思いますので、僕の結果を参考に試してみてください。

そもそものニキビ発生のメカニズム

年齢や性別によってニキビの原因は様々ですが、一般的に

ストレスや体調変化などで皮脂の分泌が増える。

皮脂に存在する菌が活性酸素を生み出し、周りの組織にダメージを与える。

バリア機能が低下して炎症に。

乾燥、血流低下などでターンオーバーが滞り、角質が発生したり、溜まる。

毛穴の出口が詰まって、菌が繁殖し、さらに炎症を起こす。

だそうです。(美的.comより引用編集)

簡単に言うと、毛穴が詰まってうまく排出できなくなった菌が炎症を起こすのがニキビです。
その排出に、ストレスとか体調変化が関係していて、
菌をやっつけるバリア機能に生活習慣とかが関係してるって感じです。

ニキビができる原因は一つではありません。様々なことが絡み合って生活習慣となり、
お肌の状況に繋がります。ここからは、僕が重要だと思うものから一つずつ原因をまとめました。

対策1:食事の栄養バランス(○)

実家住まいから一人暮らしに変わった際、ニキビが増えたので、
食事の栄養バランスは確実にニキビに影響すると思います。

ニキビに良い食事は、タンパク質(お肉)を取ることと、ビタミンB郡を取ることです。
タンパク質がお肌の材料になり、ビタミンBがお肌の再生を促します。

ビタミンCがお肌に良いと言われてますが、ビタミンCは美白に作用するのであって、
ニキビを修復したり、肌を再生するのはビタミンBが効果的です。

ビタミンBは、牛レバー、鶏レバー、カキ、さんま、あさり、にしん、などに多く含まれていますが、毎食これらを食べることは難しいですよね。
さらにビタミンB以外にもビタミンは多くの種類が必要とされますので、
普段食事から安定的にビタミンを摂取することは難しいです。

なので、僕は普段の食事と、補助的にサプリメントからビタミンを取ってます。

厚生労働省が発表する、1日に身体に必要とされているビタミンとミネラルを確認して、
それらを一番まんべんなく取れるサプリメントを調べました

それがこれです。
「ディアナチュラ ストロング39アミノ マルチビタミン&ミネラル」300 (100日分)150 (50日分)

これによって、食事の栄養バランスは、以前よりも改善し、
多少周期的にできるニキビが減った感覚はあります

しかしまだ、たまにニキビが2.3個できたりすることがあったので、他の原因も探りました。

対策2:化粧水等の保湿ケア(◎)

人のお肌は様々で、オイリーな人もいれば、乾燥肌の人もいますが、
私は乾燥肌とオイリーの複合肌でした。Tゾーンだけオイリーみたいな。

基本、男性は女性の数倍オイリーらしいですが、
それでも乾燥することは皮脂の分泌を加速してしまいますので、保湿は必要です。

おすすめは、フェイスパックを毎日することです。
毎日できない方は2,3日に1回程度でもしないよりは良いと思います。

パックをし始めてから、新しくニキビができる頻度が確実に減っています
できたとしても今までのような大きなニキビではなく、
小さくて比較的すぐに治るようなにニキビになりました。

薬局等で売っているフェイスパックを一通り試してみて、
保湿力・シートの大きさ・厚さ等が一番良かった、今のイチオシは、このパックです。

 

私は顔を洗った後に、化粧水と保湿液を使ってますが、
どんなケア用品を使うかでお肌の状況はガラリと変わります。

ケア用品選びで大切なことは、下の3つです。

  1. 低刺激
  2. 保湿
  3. 抗炎症作用

化粧水等をつけたときに、ヒリヒリ感や痛みがあったらだめです。
また、つけた後は乾燥感があったらだめです。
また、ニキビはつまり炎症なので、抗炎症作用があるものを選んでください。

僕は、無印の化粧水とか、Curelの化粧水とか、色んなものを試しましたが、
今は、ルナメアACという製品が一番良くて継続して使ってます
これは上の3つを満たしており、大人ニキビを解消する製品として評価されてます。

これを使いだしてから、確実にニキビの数は減って、実際に、
よく会う友達とかにお肌綺麗になったって言われました

「ルナメアAC 化粧水、洗顔、保水クリーム」(僕はライン使いしてます)

対策3:睡眠時間、就寝時間(○)

僕は、1ヶ月の中で、急にニキビが2.3個できたりすることがありました。
この周期の因果関係を調べると、ニキビができる前の数日は、睡眠時間が少なかったり、
就寝時間が遅かったりしていると判明しました

お肌は、就寝中に最も回復されます。さらに、就寝中もっともお肌に良いのは、
成長ホルモンが大量に分泌される寝入りばな1.5~3時間であり、
現代人のライフスタイルを鑑みると、0時~3時くらいがお肌のゴールデンタイムなのです。

 

(参考:https://www.biteki.com/life-style/wellness/228031

確かに、僕もお肌のゴールデンタイムを逃している日の後にはニキビが
できやすくなっている感じがあります。なるべく、就寝時間を増やし、早めに寝ることが大切です。

対策4:運動不足(△)

僕は基本、平日は仕事、土日は遊んでるだけの自堕落な現代っ子なので、
運動は全然してませんでした。
これが、お肌に良くないのかも?と思ったので、ジムに通い出しました。

日常的に汗をかくことは、毛穴の汚れを外に排出しますので、お肌に良い影響を与えます。

私は、ジムにあるサウナに、週2.3日は通うようにして、サウナに入って毛穴が開いたところで、
そのまますかさず洗顔!というのを継続し、お肌の状況の変化を観察しました。

すると、ニキビの個数の変化はあんまり感じませんでしたが、
確実にお肌のスベスベ感がアップして、毛穴の締まり方が良くなりました

これはニキビをなくすのに必要なのかわからないけど、お風呂はリラックスするし、
サウナも好きなので継続してます。

対策5:腸内環境(△)

栄養を気にしたり、運動不足を気にしたり、色んなことを調べてるうちに、
次に気になったのは、腸内環境です。

栄養を吸収し体内に取り込むのは腸です。つまり、腸内環境が良くないと、
せっかく良いバランスの栄養をとっても、そのまま排出されてしまいます

そこで僕は、ヨーグルトを自作し始めました。そこから毎日ヨーグルトを食べていましたが、
まぁ便通は良くなったかな?程度でお肌に影響はあまりありませんでした。
その内、自分で作る意味はないことに気づき、R-1を買って毎日飲むことにしました。

腸内環境は免疫力の向上にも繋がり、風邪を引きにくい体になりますので、お肌への影響はわかりませんが、継続して乳製品等の発酵食品と食物繊維は摂るようにしています。

まとめと今後の予定

とりあえず、今これだけの対策を講じて、今は常にニキビができているということはないです。
ですが、夜更かしした後や、生活習慣が乱れた後にはニキビができてしまうという感じです。

僕は今後もニキビを撲滅するために、力を尽くしていこうと思ってますので、
ニキビに悩まされてる人は、一緒に戦いましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました