【レビュー】僕がオーダースーツsadaをおすすめする理由

2021年10月17日

この記事では

Left Caption
  • オーダースーツsadaってどうなの?
  • オーダースーツ屋さんの中でおすすめが知りたい!
  • 安くてカッコいいオーダースーツが欲しい!

という疑問を解消します。

 

数あるオーダースーツの中でも僕の一番のおすすめはオーダースーツsadaです。

メリットもデメリットも両方考慮した上で、特に20代の若手にはとても良いと思っています。

 

この記事では、オーダースーツsadaが実際どうなのかメリットとデメリット・口コミなどを整理し、実際に僕がオーダースーツsadaで買ったスーツをレビューしようと思います。

本記事の内容
  • オーダースーツsadaのメリット・デメリットがわかる
  • オーダースーツsadaの口コミがわかる
  • オーダースーツsadaでスーツを買う流れがわかる
Left Caption
特に若手はオーダースーツsada、一択。
CHECK
オーダースーツ佐田のHPはこちらから!
コンサル以外の人にもオススメの記事👇

コンサルの身だしなみはこれで完壁!スーツから靴下まで全アイテム網羅


amazon black friday

オーダースーツsadaのメリット

オーダースーツ SADAを全25サービスと比較!口コミや評判を実際に調査してレビューしました! | mybest

オーダースーツsadaのメリットは以下の通り。

CHECK
  • 値段が圧倒的。高コスパ。
  • フルオーダーが可能

それぞれ説明します。

値段が圧倒的。高コスパ。

オーダースーツsadaの最もおすすめしたいポイントは価格です。

 

フルオーダーなのに、19,800円(税抜)で購入することが可能です。

 

さらに今なら初回の注文に限り、

本来24,800円のベーシック生地も5,000円引きの19,800円になります。

 

僕がオーダースーツを比較検討した中では、オーダースーツsadaが最も安いです。

(他は安くても25,000円~くらいする)

 

もちろん、これは既製品よりも安いのでもはや既製品を選ぶ理由はありません。

フルオーダーが可能

オーダースーツと言っても大きく3種類あります。

高い物から順に

  • フルオーダー(高):身体のサイズ全てを計測してぴったしのスーツを作る+装飾等アレンジし放題
  • イージーオーダー(中):既製のサンプルをベースとしてそこからサイズ補正・体格補正して作る+装飾等アレンジも結構できる
  • パターンオーダー(安):既製のサンプルをベースとしてそこからサイズ補正して作る

となります。

 

オーダースーツのDANKANもコスパ重視なのですが、イージーオーダーとなってしまいます。

つまり、フルオーダーなのに19,800円のsadaはコスパがやばいってことなんです。

オーダースーツsadaのデメリット

オーダースーツSADAが、日本マーケティングリサーチ機構の満足度調査で3部門No.1を獲得!|株式会社日本マーケティングリサーチ機構のプレスリリース

よく言われるオーダースーツsadaのデメリットは以下の通り。

  • 生地の素材
  • オプションの値段

それぞれ説明し、僕がどう感じたかも書いていきます。

生地の素材

オーダースーツsadaのオーダーは生地によって値段が異なります。

  • 初回お試し生地(19,800円)
  • ベーシック服地(24,800円)
  • スタンダード服地(29,800円)
  • ファインウール服地(34,800円)
  • 光沢服地(39,800円)
  • ナチュラルストレッチ(39,800円)
  • 防シワナチュラルストレッチ(44,800円)
  • SUPER100’s(44,800円)
  • ジョンフォスター(49,800円)
  • REDA シルキーエフェクト(59,000円)
  • カノニコ(69,000円)

引用:オーダースーツSADA公式HP

こんな感じ。

 

このうち、19,800円で購入できるのは、

  • 初回お試し生地(19,800円)
  • ベーシック服地(24,800円)

となります。(初回購入のみ)

 

これらの生地は、どちらも

ウール50%/ポリ50%

となります。

 

これがスーツの生地の中では安価な生地に分類されます。

ですが実際僕の体感でいくと、

  • 着心地・動きやすさ:問題なし(これまで着ていたウール100%のスーツと大差なし)
  • 触り心地:ウール100%に比べると若干ざらつくが、着ていて気になるほどではない
  • 見た目:全く気にならない

です。

 

もちろん、高級生地と比較するともっと大きな差になるかもしれませんが、普通のビジネスマンがスーツを選ぶにあたっては全く問題にはなりません。

コンサル業界のけっこうスーツに厳しかった僕の基準で考えても問題ないと思います。

オプションの値段

一部のオプションでけっこう値段が高い物があります。

  • お台場仕立て(3,000円)
  • 水牛ボタン(3,000円)
  • キュプラ裏地(3,000円)
  • 本切羽(本開き)(2,000円)

引用:らくナビ

これらを選びたいという人はデメリットに感じるかもしれません。

 

ですが、僕がオーダーした際の体感でいくと、

オーソドックスな形のスーツを作る場合、高額なオプションは全く必要ありません

でした。

 

ボタンや裏地の柄を選ぶ際に、一部少し高額なオプションはありましたが、それを選ばなくても十分に選択肢があり楽しんでオーダーすることができました。

 

無料で選べるボタン柄👇

オーダースーツsadaの口コミ

オーダースーツの口コミはこんな感じ。

引用:オーダースーツSADA公式HP お客様の声

悪い口コミも一応記載。

引用:みん評

僕がオーダースーツsadaでオーダースーツを買った流れ

ここからは僕が実際にオーダースーツsadaでスーツを買った流れと商品レビューをしていきます。

購入時は、こんな流れです。

  • HPから来店予約する
  • お店に行く
  • 生地選び
  • 採寸
  • 裏地・ボタンの色・襟のデザイン・名前を入れるなどの細かいアレンジを選択
  • 全部決まったら購入手続き
  • 2~3週間後、お店に到着
  • お店で試着。直したいところがある場合はお直し可能。
  • 問題なければ持ち帰って終了。

細かい装飾をアレンジするのが楽しいし、スーツに愛着が湧きます。

店員さんも優しく、ストレスなくオーダーすることができました。

完成したスーツはこんな感じ

完成品はこんな感じです。

サイズ感ぴったしでもちろん好みの形にカスタマイズできます。
裏地はゴージャスに。名前の刺繍も全て無料です。
ボタン柄はこんな感じ。もちろん無料。

【レビュー】僕がオーダースーツsadaをおすすめする理由のまとめ

いかがだったでしょうか。

オーダースーツ屋さんの中でも一押しなので、是非試してください。

CHECK
オーダースーツ佐田のHPはこちらから!
コンサル以外の人にもオススメの記事👇

コンサルの身だしなみはこれで完壁!スーツから靴下まで全アイテム網羅

本記事の中で

Left Caption
  • ちょっとやりかたがわからない
  • もっと詳しく教えて欲しい

などありましたら、下記コメント欄よりいつでもご質問・ご相談お待ちしております!

amazon black friday




2021年10月17日

Posted by ぺりそん