コンサルの身だしなみはこれで完壁!スーツから靴下まで全アイテム網羅

2020年12月18日

この記事では

Left Caption
  • コンサルの身だしなみはどうすれば良いのか知りたい
  • コンサルはどんなスーツを選べば良いのか知りたい
  • コンサルが身だしなみに気をつかう理由が知りたい

という疑問を解消します。

コンサルタントを志望していたり、今後コンサルタントになるという方は必ずコンサルにふさわしい身だしなみを理解しておきましょう。

コンサル業界は特に身だしなみに厳しいため、正しい身だしなみを理解していないことで初めから評価が下がってしまう可能性があります。

 

この記事では、コンサルタントにふさわしい身だしなみを上から下まで全て解説し、コンサルが身だしなみに気を使わないといけない理由までをお話ししています。

本記事の内容
  • コンサルにふさわしい身だしなみがわかる
  • コンサルが身だしなみに気を使う理由がわかる
  • コンサルのスーツの選び方がわかる
  • コンサルの服装に迷わなくなる

 

Left Caption
元コンサルタントの経験を元にお話ししますので、実態を踏まえた情報をお届けします。

※本記事は、コンサル志望の就活生や新しくコンサルになる若手コンサルを対象としています。

コンサルタントが身だしなみ(服装)に気を使う理由とは?

man wearing suit walking on pathway during daytimeコンサルタントが身だしなみに気を使わないといけない理由は、

CHECK

コンサルは信頼性が重要なため

です。

コンサルティングのビジネスモデルは、「課題を持ったクライアントに対して、コンサルタントが解決策を提案して支援する」というものです。

ですので、コンサルタントは自分のことを信じてもらうことがとても重要です。

その際に、見た目は第一印象を左右する重要な要素です。

 

どれだけ正しいらしいことを言っていても、身だしなみがだらしなければ信じる気にはなりません。

自分の信頼性を高めるために服装を整えておくということは不可欠ということです。

 

僕が経験した実際の現場でも、コンサルの契約が切られる理由に身だしなみや見た目の印象が絡んでいると感じることはありました。

また、上司から身だしなみについて指摘されることもあるので、気を付けておかないとリアルに自分の待遇にかかわってくることになります。

コンサルタントの身だしなみで気を付けるべきポイント

man in black suit with phone in handコンサルタントの身だしなみで気を付けるべきポイントは以下の通りです。

CHECK
  • 清潔感
  • 派手すぎない
  • TPOをわきまえる

最低限これらのポイント押さえておけば、大きく失敗することはないはずです。

清潔感

服装や身だしなみで一番大切なことが「清潔感」です。

服が汚れていたり不潔であることに、人は特に嫌悪感を示します。

定期的にスーツ・シャツをクリーニングに出すなど、清潔感は必ず維持しましょう。

 

また、清潔感は臭いも大きく影響します。

服や体から臭いが出ていないかや、香水がきつすぎないか等にも気を使いましょう。

派手すぎない

身だしなみが派手すぎることも信頼感を損なうことに繋がります。

見た目というのはその人の内面を映し出す鏡です。

見た目のセンスが悪いと、その人の内面も疑われてしまいます。

例えば、

 

  • 髪型が派手すぎる
  • スーツが派手すぎる
  • 時計やカバンが派手すぎる

などです。

 

コンサルタントの服装はあくまで信頼感の裏付けにすぎません。

服装や身に着けているもので権威をアピールするのではなく、最終的には、自分の仕事ぶりや成果で信頼を勝ち取らなけれぱいけません。

TPOをわきまえる

TPOをわきまえた身だしなみをすることも信頼性に繋がります。

「TPO」とは「Time(時間)」「Place(場所)」「Occasion(場面)」の頭文字を取った略語であり、時と場所、場合に合わせて行動や言動をするという意味です。

ビジネスシーンなのにカジュアルすぎたり、逆に、くだけた会食で固すぎる服装をすることの無いように注意しましょう。

スーツ・シャツ・ネクタイ等、全アイテム網羅解説!

man in black suit jacketここからは以下の各アイテムについて1つずつ詳しく解説していきます。

  • スーツ
  • シャツ
  • ベルト
  • 靴下
  • 上着
  • カバン
  • 腕時計
  • 髪型
  • ヒゲ

これら全て整えることができればコンサルの身だしなみはパーフェクトです。

スーツ

スーツは、高いスーツを着れば良いということではありません。

スーツで最も重要なことは「サイズを合わせること」です。

高いスーツを着ていてもサイズが合っていなければ台無しです。

 

スーツを選ぶポイントは

CHECK
  • 派手すぎる柄スーツは避ける
  • 黒・グレー・紺のスーツを選ぶ
  • お金に余裕があればオーダーする

です。

最近では、安価でオーダースーツを作れる店もありますので、検討してみましょう。

Left Caption
オーダースーツ佐田ならフルオーダーで安くスーツが作れます↓↓
【ジャストフィットのオーダースーツ(上下)が初回限定19,800円!】

既製品を購入する際も、店員さんにサイズを計測してもらい、サイズが合っていることを確認した上で購入するようにしましょう。

ぱっと見て誠実さ・信頼感・プロっぽさがあると感じられるようなスーツを選ぶよう意識しましょう。

シャツ

シャツは基本的に無地の白一択です。

シャツもサイズが合っていないとだらしなく見えますので、必ず試着をした上で購入してください。

 

また、シャツは汚れが目立ちやすいです。

定期的にクリーニングに出して、汚れとシワが無い状態を維持するようにしましょう。

ベルト

ベルトで気を付けるべきポイントは

  • 派手すぎないこと

です。

 

ベルトの色はスーツの色で決まります。

  • 黒・グレーのスーツの場合:黒いベルト
  • 紺のスーツの場合:黒もしくはダークブラウンのベルト

を選びましょう。

ベルトのバックルは大きすぎない物を選び、派手さを抑えるようにしましょう。

靴下

見落としがちなのですが、靴下の色も意外と重要です。

靴下はスーツと同系色の色で、かつ、スーツよりも目立たない色を選びましょう。

 

たまに、靴下だけ派手な色を選んでいる人を見かけますがビジネスシーンではNGです。

また、柄が目立つ靴下は避け、無地か目立たない柄を選んでください。

靴はストレートチップかプレーントゥの革靴を選びましょう。

基本的に色は黒で良いですが、スーツが紺の場合にのみ、ダークブラウンの靴を検討しましょう。

その方が、センスが良く見える場合があります。

 

人によっては靴の綺麗さや、しっかりと磨かれているかを重要視する人もいます。

常に靴を綺麗に保てるよう、定期的に磨きやクリーニングを行ってください。

Left Caption
ちなみに、僕が履いている靴はREGALのストレートチップです。
コスパがよく見た目も派手過ぎずおしゃれなのでおすすめ。

上着

上着で気を付けるべきポイントはカジュアルすぎないことです。

たまにダウンジャケットや派手な色の上着を選ぶ人がいますが、それはNGです。

ビジネスシーンにふさわしい色の上着を選びましょう。

Left Caption
黒・グレー・ネイビー・ベージュのどれかなら問題無しです。

カバン

カバンで気を付けるべきポイントは

CHECK
  • カジュアルになりすぎないこと
  • 中身を入れすぎてパンパンにしないこと

です。

ビジネスシーンにふさわしい、黒・ネイビー系統のカバンを選びましょう。

 

また、たまに中身を入れすぎてパンパンになっている人がいますがNGです。

カバンの形が崩れない程度に物を入れるようにしましょう。

腕時計

意外と腕時計は目につきますので、注意して選びましょう。

腕時計でのポイントは

CHECK
  • 派手すぎないこと
  • つけないのもアリ

です。

腕時計のベルトは黒・ダークブラウン・シルバーのどれかにしましょう。

 

そして、文字盤も大きすぎたり派手すぎるものは避けるのが無難です。

最近では腕時計を付けず、スマホで時間を確認することも違和感がありませんので、腕時計をつけないのも1つの選択肢としてはアリです。

髪型

髪型で意識すべきポイントは

CHECK
  • ベリーショート
  • 額を出す
  • 黒髪

です。

詳しくは【元コンサルが語る】コンサルにとって髪型がいかに重要かという話にてお話ししておりますので、こちらもご参考にしてください。

ヒゲ

基本的にヒゲは全て綺麗に剃りましょう。

ただし、年齢が30~40代の方や、顔のタイプによってはヒゲがあった方が一流感が出る場合もあります。

ただしその場合であっても、ただヒゲを生やすのではなく清潔感のあるヒゲになるよう整えることがマストです。

肌の結麗さも第一印象には大きく関わります。

そのため、他の身だしなみと同じように気を使う必要があります。

肌荒れを起こしている場合は、生活習慣やメンタルを正常化し肌を綺麗に保つよう心がけましょう。

コンサルの身だしなみはこれで完壁!スーツから靴下まで全アイテム網羅のまとめ

他業界に比べてコンサル業界は身だしなみに注意する必要があります。

これからコンサル業界に入る人は、しっかりと気を付けるポイントを理解し、服装で悪い印象にならないようにしましょう。

また、他にもコンサル関連の記事を以下にまとめていますので、こちらもご活用ください。

>>コンサル関連記事はコチラ

本記事の中で
Left Caption
  • ちょっとやりかたがわからない
  • もっと詳しく教えて欲しい
などありましたら、プロフィール欄の各種SNSよりいつでもご質問お待ちしております!

2020年12月18日

Posted by ぺりそん