仕事とは人とのつながりなのか。人とつながりたくない人はどうすれば良いのか。

この記事では

Left Caption
  • 仕事とは人とのつながりなの?
  • 人とつながりたい人が選ぶべき仕事は?
  • 逆に人とつながりたくない人が選ぶべき仕事は?

という疑問を解消します。

 

まず結論を言うと、世の中のほとんどの仕事は全て人とつながっています。

そういう意味でいうと、「仕事とは人とのつながり」と言えるかもしれません。

 

ですがその中でも、人とのつながりを感じやすい仕事とそうでない仕事があります

 

人間の性格上、人とのコミュニケーションが得意な人も苦手な人もいますので、自分の性格にあった仕事選びをすべきです。

この記事を読んで、自分にあった仕事を選んでみてください。

本記事の内容
  • 人とのつながりを得たい人が選ぶべき仕事がわかる
  • 人とのつながりがいらない人が選ぶべき仕事がわかる
Left Caption
公務員・東証一部コンサル・ITエンジニアを経て現役コンサルタントの私が記事を書きました。

仕事とは人とのつながりなのか

people walking on sidewalk during daytime

そもそも仕事とは何なのか、軽く考えてみましょう。

 

人によって定義は様々かもしれませんが、

例えば

無人島に一人で住んでいる人が、自分の食べ物を確保するために農作物を育てている時間、これは仕事でしょうか。

人によってはこれも仕事と感じる人もいるでしょう。

 

つまり

仕事=人間が生きていくために従事する労働・活動

という定義です。

 

この定義でいくと、仕事によっては人と全くつながらないものもあります。

まさに先程の無人島の例がそうでしょう。

 

ですが、現実として生きていくための必要な全ての物を自分で調達している人はほとんどゼロです。

ほぼ全ての人は何かしら物を手に入れようと思うと、誰かの仕事が絡んできます。

 

このように多くの人が関わっていろいろな物やサービスが形成されているのが現代社会です。

 

なぜこのような社会になったかというと、誰かのために仕事をして価値を創出することで自分に利益があったためです。

ただ自給自足をして一人で暮らすよりも、人に価値を与える仕事をして生活をしたほうが楽で良い生活ができたからです。

 

そのようにみんなが自分の利益を追い求めて、付加価値を生み出す仕事をやった結果、今のような便利な社会ができあがりました。

 

この現代社会ではあらゆる仕事に他人が絡んでいますので、

その意味でいうと、「仕事とは人とのつながり」と言えるかもしれません。

自分の性格にあった仕事を選ぶべき

smiling one man and two women holding glasses

この記事を読んでいる人は

Left Caption
  • 人とつながりたい人
  • 人とつながりたくない人

の2パターンいるでしょう。

 

人とつながりたくない人には残念ですが、現代のほとんどの仕事は誰かとつながることを避けて通れません。

どんな仕事も付加価値を出すということは、そこに他者が存在しないと成立しないからです。

 

ですが、仕事によって

CHECK

他人と関わる時間が少ないものと多いものの差はあります。

ですので、自分の性格に応じて人とのつながりが多い仕事少ない仕事か、自分にあった仕事を選ぶべきです。

人とのつながりを得たい人が選ぶべき仕事

four people leaning on railings

まず人とのつながりを得たい人が選ぶべき仕事ですが、

抑えないといけないポイントは以下です。

CHECK
  • 仕事相手とある程度の会話が必要な仕事
  • 仕事相手がある程度の人数いる仕事
  • 関わる他人が一定期間で変わる仕事

まず、他人との会話がないと人とのつながりなんて感じられないでしょう。

 

また、それもたった1人と永遠に話しているよりも、一定数の人数と会話ができないと人とのつながりとはいえないと思います

 

そして、数人と会話ができたとしても、その数人が何十年も変わらず、同じ人達と永遠関わり続けるという仕事なら人とのつながりは感じないと思います。

 

ただ逆に変わりすぎてもだめです。目まぐるしく仕事相手やお客さんが変わるコンビニの店員のような仕事をしても、お客さんに人とのつながりは感じられません。

 

ですので、短すぎない数年くらいのスパンで関係が続く仕事が、最も人とのつながりが感じられるでしょう。

 

これらを満たせば一定、人とのつながりは感じられます。

ですが、正直これらを満たしている仕事なんて星の数ほどあります。

 

重要なことは、職探しをしている段階では、実際に仕事についた後どれくらい人とのつながりがあるのかがわからないことです。

 

ですので、面接の段階からしっかりと

  • 実際の仕事内容
  • チーム・仕事相手がどんな人なのか
  • 1つのプロジェクトの規模・期間

などを確認しておくようにしましょう。

人とのつながりがいらない人が選ぶべき仕事

person lying on inflatable unicorn during daytime

次は、人とのつながりがいらない人が選ぶべき仕事です。

こちらは、先程の逆をいきます。

 

つまり、

CHECK
  • 仕事相手と会話ができる限り必要ない仕事
  • 仕事相手ができる限り少ない仕事
  • 関わる他人が変わらない仕事

です。

 

これらを満たす仕事は、簡単に言うと「職人系・専門職系の仕事」です。

例えば

  • 陶芸家
  • 画家
  • プロゲーマー
  • デザイナー

等のような仕事です。

 

なるべくその価値が抽象的で言葉では表現できないほうが良いです。もしくは言葉にしても高度すぎてわからないとか。

 

画家が書いた絵の素晴らしさは言葉にしてもわからないですが価値があります。

言葉にしてもわからないので一々たずねられることは少ないですし、画家は絵を書けば仕事が完了するので、仕事に会話が必要ないです。

 

このように才能を生かしたり、一点突破でいくような仕事は、人とのつながりが関係ないことがあります。

仕事とは人とのつながりなのか。人とつながりたくない人はどうすれば良いのか。のまとめ

いかがだったでしょうか。

人と関わることが嫌なのに、無理に関わる仕事を選ぶ必要はありません。

 

まずは自分の性格を把握すること。

そして、これを参考に自分にあった仕事を選びましょう。

本記事の中で

Left Caption
  • ちょっとやりかたがわからない
  • もっと詳しく教えて欲しい

などありましたら、下記コメント欄よりいつでもご質問・ご相談お待ちしております!




Posted by ぺりそん