【上司を飲みに誘え】職場でストレスのない人間関係を構築する方法

人間関係

この記事では、

  • 職場での人間関係が悪い
  • 職場での人間関係にストレスを感じる
  • 職場での人間関係の構築方法が知りたい

という方に向けて書いています。

仕事の悩みはほとんどが人間関係によるものです。

ストレスを感じるのも、人間関係であることが多いと思います。

なるべくストレスを感じないような人間関係は、自分の意識によって構築することができます。

今回は、職場でストレスのない人間関係を構築する方法について、私の思うポイントをまとめました。

職場で目指すべき人間関係とそのメリット

男, 企業, 実業家, スーツ, ネクタイ, 通り, 都市, 市, 成功, 大人, マネージャー, 男性, 人

職場で目指すべき人間関係というのは、

  • 話しかける際にストレスを感じない
  • 冗談が言える
  • お願いができる
  • ちょっと良いづらいことも言える

ような関係です。

それはつまりどのような関係かと言うと、

気に入られている関係、または特別視されている関係です。

そのような関係を築けると、仕事に融通を効かしてくれるようになり、自分にとって楽に仕事が進みます。

周りに好かれている状態で仕事をすることは、精神的にラクであり、仕事が順調に進みます。

結果を残すとそのまま評価にも繋がりますし、そもそも好かれているので高評価が与えられるでしょう。

職場での人間関係は、 頻繁に仕事で関わる近距離の人から、たまに関わることがあるという遠距離の人までいると思います。

このうち、近距離の人は、話す機会が多いので、頻繁にコミュニケーションを取ることができ、比較的良い関係を築けることが多いです。

しかし、中~遠距離の人は、意識をして関係を構築しようとしないと、良い関係が築けません

しかも、だいたい仕事でうまくいかないのは、人間関係が希薄な相手との仕事なので、中~遠距離の人の場合が多くなります。よって中~遠距離の人と良好な関係を築くことが重要になります。

よく観察し性格や考え方・求めていることを把握する

いきなりですが、あなたが好みの異性を落とそうとする時をイメージしてください。

その人の好みを把握したり、その人が何を考えているのか、何を欲しているのか、その他色々なことを考え、自分の評価を上げようと努力しますよね。

しかし、好みではない異性や、同性に対してはそこまで考えたりしませんよね。

それが普通です。

ですが、仕事で関わる人に対しても、好きな人と同じくらい相手のことを観察して、求めていることを把握して対応してみてください。

上司とのちょっとした立ち話や、会議で一緒になった時など、ちょっとした時に、より良い印象をつけることは必ず相手に伝わり自分の評価として残ります。

直属の評価を受ける相手でなかったとしても、噂話や上司同士の会話の中で、自分が登場する確率は確実に高まります。

相手が喜びそうな発言や、リアクションなどを考え、気に入られるようにつとめることが重要です。

ただし、わざとらしくならないように気をつけましょう。

自分から飲みに誘うべし

ビジネス, 実業家, 男性, 仕事, 成功, 男, Professional, 人, オフィス, 成功しました

仕事終わりなどに食事に行くことは、評価を上げるうえでとても効果的です。

ですが、後輩や同期は気軽に誘えたとしても、上司となるとなかなか飲みに誘いづらいと思います。

それはみんな同じです。

その中で、上司を誘って飲みに行った人は関係を良好にできる可能性がぐんと上がります。

上司から誘われるのを待っていても、いつまでたっても関係は良くなりません。

上司は部下を誘うと断れないのではないかと思って、なかなか誘いづらいものです。

ですが、部下から上司を誘って断られたとしても、誘ったということ自体がアピールになります。

気に入ってもらうために、まず自分が好きだということをアピールしましょう。

実際に好きじゃなかったとしても、アピールが大切です。

まとめ

人からの評価を上げようと努力することは、気を使わないといけない作業であり労力が必要です。

その反面、メリットが見えづらいので、なかなか行動に移しづらいと思います。

ですが、周りに評価をされ昇進していく人は、ほとんどの人が、周りに好かれており良好な人間関係を構築しています。

この機会に、職場での人間関係を見直してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました