教育費は普通にキツい。これを知って5倍くらい親に感謝しよう。

ためになる知識

この記事では

  • 自分の教育費は親が払ってくれていた
  • 自分の教育費がどうなのか別に意識したことがない

という方に伝えたいことを書いていきます。

みなさん自分にかかった教育費が実際いくらくらいだったのか把握していますでしょうか

この記事では、自分に必要だった教育費を明らかにし、それを実際払っていくと思った時にどれくらいの負担になるのかを改めて確認していきます。

学生の方やすでに社会人という方どちらにも知っていただきたいことなので、ぜひ読んでみてください。

この記事を読むと、

・自分の教育費がどれくらいの負担だったのかがリアルにわかる
・自分の親が教育費をどんな気持ちで払っていたのかがわかる

となります。

改めて自分の教育費がいくらだったのかを把握する

woman wearing academic cap and dress selective focus photography

みなさんは自分の教育費がいくらくらいだったのか把握してますでしょうか。

ざっくりと教育費は子供1人につき1,000万円といわれています。

ですが、その金額は公立に行った場合と私立に行った場合で大きく幅があります。

ちょっと調べてみるとこんなに違いました。

幼稚園 公立:約68万円 私立:約144万円
小学校 公立:約193万円 私立:約916万円
中学校 公立:約143万円 私立:約397万円
高校 公立:約135万円 私立:310万円

※幼稚園3年、小学校6年、中学校3年、高校3年それぞれ全て通った場合の金額
※学校や自治体によって違うためあくまで参考値です。

自分が通っていた学校でかかる学費をそれぞれ合計してみてください。

また、大学を卒業した人は、さらにここに大学の教育費もプラスでかかります。

大学の学費の平均は

国立:約242万円
公立:約254万円
私立文系:約396万円
私立理系:約539万円

といわれておりますので、これも加算してみましょう。

ちなみに私の場合は、全て公立で大学も国立でしたので、

保育所68万+小学校193万+中学校143万+高校135万+大学242万=781万円

となり、比較的安上がりな人材となっております。

だから親あんなに喜んでたのか?

自分にかかってきた教育費が計算できましたか?

できた方は次のステップに行きましょう。

教育費を支払うことの大変さを認識する

person holding U.S. dollar banknote

次はその教育費を実際に払うということを自分の立場になって考えてみましょう。

先ほど合計した教育費をリアルに実感するために、年平均を計算しさらに月平均を計算していきます。

ちなみに、実際に教育費を支払う場合は入学費として入学のタイミングで多めに支払うことになるため多少異なります。参考リンク

すると、子供の教育のために毎月どれくらいのお金がお財布から支払われていくのかがわかります。

子供が

幼稚園の間(3年間) 公立:1.8万円/月 私立:4万円/月
小学校の間(6年間) 公立:2.7万円/月 私立:12.7万円/月
中学校の間(3年間) 公立:4万円/月  私立:11万円/月
高校の間(3年間)  公立:3.8万円/月 私立:8.6万円/月
大学の間(4年間)  国立:5万/月 公立:5.3万/月 私立文系:8.3万円/月 私立理系:11.2万円/月

だけ毎月かかることになります。

どうでしょうか。

こんなにかかるの?

って驚きませんか?

今の自分の給料と照らし合わせてみてください

これを毎月払い続けられるでしょうか。

いや、普通に無理だよね。

となると思います。

子供の養育費のために貯蓄が必要といわれている理由がわかったと思います。

現在お子さんがいる方はもちろん、将来子供を作る子定の方は、これだけの教育費を払うことになるということを覚悟しておきましょう。

教育費を払ってくれた親に感謝する

Lavender, Fragrance, Romantic, Heart, Lavender Bag

ここまで読んでくださった方ならうっすらと感じてきているかもしれませんが、ここからがこの記事のメインです。

事実として、自分の教育費を自分の親は払ってくれています。

人によっては奨学金や自分で負担した方など様々だと思いますが、幼稚園から大学まで全て自分で払ったという人はなかなかいないのではないでしょうか。

そう考えると、自分の親に感謝する気持ちが今までよりも溢れ出してきませんか?

毎月こんな高いお金を自分に払ってくれていたのです。

今何かの資格を取ろうと思ったとして資格学校に行くと、安くて月1万円くらいです。
英会話をしようと思ったら月1万円以下で受けることができます。

私たちが学校に行っていたころは、親はその何倍ものお金を払っていたのです。

それなのに私達は馬鹿みたいによだれを垂らして遊んでいましたよね。

アホみたいに遊びほうけて何も学んでこなかった自分を悔やんでも悔やみきれません。

私と同じ気持ちになった方は、今すぐに自分の親に感謝の気持ちを伝えるべきです

何かプレゼントするもの良いでしょう。
手紙を書くのも良いでしょう。

重要なことは、言葉や文章や物など何かの形にして確実に伝えることです。

これは自分の親に何か見返りを求めるものではありませんし、打算的な目的があることでもありません。

自分が感謝の気持ちを伝えたいから伝える。

動機はそれだけで十分です。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました