後悔で苦しい人へ。後悔しないための生き方とは?

人生の成功

この記事では

  • とても後悔していて苦しい
  • 今後はこんな後悔したくない
  • 後悔しないための生き方が知りたい

という疑問に答えます。

今回は、後悔で苦しい時に、

  • どうすればその苦しみが無くなるのか
  • 後悔しないための生き方とはどのような生き方なのか

について、私の考えを書いてみます。

このようなテーマではもちろん、考え方は人それぞれであり絶対の正解というものはありませんが、私の記事を参考にして、あなたが少しでも気が楽になれば幸いです。

後悔で苦しい人へ。後悔しないための生き方とは?

顔を覆っている人のグレースケール写真

人はなぜ後悔するのか

人間ならだれでも後悔することはあるものです。

後悔したことがない人はいないでしょう。

では、なぜ人は後悔するのでしょうか。

まずは人が後悔する時の、ほんの一例を示してみます。

友達と遊んでいる時に、友達が不良の先輩に絡まれた!殴られている!
その時は、自分は遠くからそれを見ている

殴られている友達と目が合った。友達は助けを求めている!

助けに行くのか…?それとも助けないのか…?
もし助けに行ったら、絶対自分も殴られるぞ…!

こう思って、自分は逃げる選択をした。

次の日から、友達は自分と話をしてくれなくなった。

自分の選択は失敗だった

なぜ、自分はあの時助けに行かなかったんだ。

激しい後悔が押し寄せる。

勇気を出せば助けに行けたのに!
自分は逃げた…!

(下記書籍から引用)

これをパターン化してみると下記の通り。

1.自分の行動を選択する

2.選択した行動を実際に行う

3.行動の結果を目の当たりにする

4.失敗だったと感じる

5.「自分が別の行動をしていたら、結果は変わっていたのに…」と後悔する

このように、過去の自分の行動が間違っていたことを知り、「あの時こうしていたら…」と思うことが後悔に繋がります。

この時に重要なポイントとなるのが、

「勇気を出せば、助けに行くことができたのに…!」

というところです。

つまり、自分は助けに行くこともできたし、逃げることもできた。

その状況で、逃げること選択したのです。

このように、他の選択肢も選べたのにそれをしなかった、という状況の時に後悔が生まれます。

よりわかりやすくするために、次の例を見てください。

今日は、全国クイズ大会の決勝。
俺は、この日のために、来る日来る日も練習を重ねてきた。

毎日の一問一答練習や読書はもちろん。
練習時間以外の時間も、どうすれ記憶力が上がるか、どうすればクイズに答えられるか、それだけをずっと考え続けた。

今日優勝するために、自分が考えうる最善の練習をしてきたつもりだ。

いざ、決勝の舞台。俺は絶対に優勝する。

――決勝――
最終問題
「地球上に、総人口5人の国家は存在する。○か✕か。」

うっ…!
雑学系問題。これはどの問題集にも載っていなかった!
他の国系問題の知識を総動員して、答えを導き出せ…!

よし、これだ!
「答えは、…✕です…!!」

「ブー!残念!答えは、○です!」


俺は準優勝に終わった。
全てを優勝に捧げてきたが、俺は優勝には届かなかった。

でも、俺は後悔していない

なぜなら、これまでの練習で少しも妥協すること無く、できる最高の準備をしてきて、
そして練習で出せる全ての力を出し切った。

それで、ダメだったなら仕方ない
俺はベストを尽くしたんだから。

この例では、登場人物は後悔していません。

1つめと2つめの違いは何なのでしょうか。

それは、

それ以上の選択肢があったのかどうか

という違いです。

ベストを尽くした場合、その時の自分にそれ以上のことはできません。

つまり、それ以上の選択肢は無い、ということです。

1つ目の例では、

自分が選択したものよりも、もっと良い選択肢があったのに、と思っているため後悔してしまいます。

ですが、2つ目の例のように、

考え得る最高の選択をして失敗だった時、

人は「仕方ないね、次頑張ろう」という気持ちになります。

まとめると、人が後悔する理由は、

自分が選択したものよりも、もっと良い選択肢があったのにと思うため、後悔する

ということです。

後悔しないための生き方

では、それをふまえて後悔しないためにはどのように行きていくべきなのでしょうか。

それは、

常にベストだと思える選択をすること

です。

こうすることによって、それ以上の選択肢を選ぶことはできなかったと思うことができるため、失敗したとしても過去の自分に後悔することはなくなります。

例えば、上の1つめの例の場合、

助けに行くのか、助けに行かないのか

それを、しっかりと判断して、自分はこうするべきだと確信を持って選択していたなら、後でそれに後悔することもなかったと思います。

もししっかりと考えたのなら、助けに行く、という答えになる人が大多数だと思いますが、

極論、助けに行かなかったとしても、

ここで助けに行かなかった場合、

  • その友達とは疎遠になり、最悪縁を切られるだろう
  • 他の人にもこの話が伝わり、自分の評判は悪くなる可能性もある
  • でも今殴られることはない

とメリットとデメリットを考え、「逃げたほうが良い!」と決断したなら、あとで後悔することは無いでしょう。

なかなかこのような判断をする人は少ないと思いますが、例えば、

・明日、大切なオーディションがあり、顔は絶対に殴られたくない

という状況の人等なら、あり得るかもしれません。

このように、常にベストだと確信して選択をしていたら、その選択に後悔することはなくなります。

では、どうすれば常にベストだと確信して選択することができるのでしょうか。

常にベストを確信して選択する方法

常にベストを確信して選択する方法それは、

その選択をした場合のメリットとデメリットをよく考えてから選択することです。

その選択をした場合その後どうなるのか、を予測し

自分によってのメリットとデメリットを全て洗い出してから選択するのです。

こうすることで、自分の選択に納得して選択できるため、後悔することはないです。

そんなメリットとデメリットを全て出すなんてできないよ

と言われる方もいるかもしれませんが、大丈夫です。

全て出そうとする、その姿勢が重要です。

大切なのは、ベストを尽くすこと、と上でお話しました。

メリットとデメリットを全て出す!とベストを尽くしたなら、仮に全て出せていなかったとしても後悔することは無いです。

なぜなら、ベストを尽くしたと思えるなら、その時それ以上最善の選択はできなかった、ということになるからです。

自分の考え得る最善の努力をして選択した結果なら、その選択に後悔はしません。

そして、その失敗の経験をふまえて、次頑張ろう、という気持ちになるのです。

今、後悔で苦しい人はどうすれば良いのか

両手で顔を覆っている男

今、後悔をしているあなたは、過去の自分の選択が失敗だったと思っていると思います。

あの時に戻ってやり直せたなら、と思うことでしょう。

ですが、あなたの失敗した過去はどうやっても変わりません。

あなたが楽になるためには、まず、未来に目を向けましょう。

そして、今、そこで考えていても何も変わりません。

あなたが後悔を無くすためには、何か行動を起こすしかありません

  • 迷惑をかけてしまった人に謝る
  • 第3者に話を聞いてもらう
  • 何も思いつかないならスポーツ等で身体を動かす

などなど、何か行動をしてみましょう。

悩んでいても苦しいだけです。

後悔は次のステップの第一歩

後悔や苦しみを感じることは、次に同じような場面や、選択を迫られる場面に出くわしたとき、

より良い選択をするための第一歩となります。

過去の失敗と同じような場面に出くわした時に、その失敗を思い出して違った選択をできるようになります。

つまり、苦しみを感じることがなければ良い方向に向かうこともないです。

何か苦しむことがあるときは、言い訳をしたり目をそらしたりせずに、

一度その苦しみを受け止めることが、新しい自分になるために大事なことなのです。

後悔で苦しい人へ。後悔しないための生き方とは?のまとめ

どうでしたでしょうか。

少しでもあなたの苦しみが楽になっていれば幸いです。

あくまでこれは私の意見なので、別の方の意見や、あなたの意見もあるでしょう。

私は、どれが正解ということはないと思います。

強いて言えば、各々が正解と思ったものが各々にとっての正解なのです。

ですので、色んな人の意見を聞いて、良いとこ取りをして自分の考えをどんどんアップデートしていくべきだと思います。

そのために私の意見が少しでも参考になればと思います。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

【参考書籍↓&おすすめ書籍】
「君たちはどう生きるか」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

漫画 君たちはどう生きるか [ 吉野源三郎 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2018/10/21時点)

楽天で購入

コメント

タイトルとURLをコピーしました