【元コンサルが解説】やばい…コンサルついていけない。と思った時の解決策とは

2020年12月12日

この記事では

Left Caption
  • コンサルの仕事についていけないと思う人の特徴が知りたい
  • コンサルの仕事についていけない理由が知りたい
  • コンサルの仕事についていけないと思った時の解決策が知りたい

という疑問を解消します。

コンサルの仕事についていけないと思った時は、冷静に今の状況を分析解決策を投じることが重要です。

そのまま放置しても状況は良くならず、最悪、ストレスで体調を崩したり退職に追い込まれることになります。

 

この記事では、コンサルの仕事についていけないと思う人の特徴とその理由、また解決策までを詳しくまとめています。

本記事の内容
  • コンサルの仕事についていけない理由と解決策がわかる
  • コンサルについていくことができるようになる
  • ツラい精神状態が楽になる

 

Left Caption
未経験からコンサルに転職し、元コンサルだった経験を元にお話していきますので、信頼性のある情報をお届けします。

コンサルの仕事についていけない人の特徴

person underwater raising right hand

コンサルの仕事についていけないという方の多くは下記の特徴があります。

  • コンサル経験が浅い
  • 今のプロジェクトに入って日が浅い
  • 炎上プロジェクトに入っている
  • 頼れる人・相談できる相手がいない
  • 仕事が遅い
  • ケアレスミスが多い
  • 上司からよくダメ出しをされる

これら特徴で全て共通していることが
自分のキャパシティを超えた業務を任されている

ということです。

 

つまり、

自分の能力 < 仕事の難易度

となっているということ。

このような状態の時に、

Left Caption
コンサルの仕事についていけない

と感じてしまいます。

コンサルの仕事についていけない理由

man sitting on bench

次は具体的に、コンサルの仕事についていけないと感じる理由をお話します。

それは以下の通り。

CHECK
  • 求められるスキルの基準が高いため
  • そもそも業務量が多いため、振られる仕事も多い
  • コンサル業界が他業界に比べて特殊な文化なため

これらの理由で、特に新人などの経験の浅いコンサルタントは、ついていけないと感じることが多いです。

1つずつ詳しく説明していきます。

求められるスキルの基準が高いため

コンサル業界では求められるスキルの基準が高いです。

そうなる理由は

  • 失敗が許されないため
  • クライアントに成果を届けないといけないため
  • 周りがメンバーも優秀なため

です。

コンサルを雇うためには高い料金が必要です。

そのため、クライアントはコンサルタントに対して高い仕事の質と量を求めてきます。

 

その結果、上司も部下に対して高い質と量を求めることになるため、要求通りの成果や作業をこなすことができず、ついていけないと感じてしまいます。

そもそも業務量が多いため、振られる仕事も多い

コンサルタントがやらないといけない仕事の量は、他の仕事に比べて多いです。

それは、お客さんに結果を出す必要があるため、

  • 知識のインプット
  • 根拠資料の作成
  • 多岐にわたる担当業務

などをこなす必要があるためです。

 

そもそもチームで請け負っている仕事の量が多いため、上司からあなたに振られる仕事の量も当然多くなります。

その結果、自分でさばききれる仕事の量には限界があるため、キャパシティを超え「ついていけない…」と感じることになるということです。

コンサル業界が他業界に比べて特殊な文化なため

コンサル業界は他業界に比べて、厳しい文化があります。

コンサルタントの仕事をこなすためには、高い能力・体力・精神力が必要となるため、そのような人材を育てるために厳しい文化になったと思われます。

具体的には

  • 上司からの詰め
  • ついていけない人は辞めれば良い
  • 結果が全て

などの文化です。

 

これらの文化があるため、新人が潰れないように大事に育てていくというよりは、スパルタでふるいにかけるという育て方が多いです。

その結果、プレッシャーやストレスを感じやすい環境となり、「ついていけない…」と感じるコンサルタントが多くなっています。

コンサルの仕事についていくための解決策

man in black leather jacket holding blue and white gloves

コンサルの仕事についていくための解決策は以下の通りです。

CHECK
  • 今すぐついていくことを諦める
  • 自分ができていることとできていないことを整理する
  • 自分ができていないことの1つずつできるようにしていく

これらの解決策を投じることで、現状ついていけなくてツラいという精神状態を和らげることができます。

そして、1つ1つできることを増やしていくことでいつの間にか、「ついていけない…」という感覚が無くなっていきます。

それでは1つずつ説明していきます。

今すぐついていくことを諦める

まず始めに、今コンサルの仕事についていけていないあなたが、明日から魔法のようについていけるようになる方法はありません。

ですので、「今すぐについていく」ということを諦めましょう。

 

もちろん最終的にはついていく必要があるのですが、それは今すぐではありません。

ですので、

今から成長し、いつかついていく

ということに目標を切り替えましょう。

その間、メンバーや上司には迷惑を掛けるかもしれませんが、それは仕方ないことです。

 

今優秀なメンバーや上司も、過去にはできなくて他人に迷惑をかけていた時代が必ずあります。

ですので、自分が成長したあとで恩を返せば良いと割り切ってしまいましょう。

それが成長への第一歩です。

自分ができていることとできていないことを整理する

ついていけないと感じている現状だとしても、全ての仕事ができていない訳ではないはずです。

ですので、自分ができていることとできていないことを整理するところから始めましょう。

 

具体的には、

  • できる仕事
  • 時間がかからない仕事
  • 助けてもらわないとできない仕事
  • かなり時間がかかってしまう仕事

に分けましょう。

これによって、自分がついていけないと感じている理由を正確に把握する事ができます。

自分ができていないことの1つずつできるようにしていく

次は自分ができていないことを1つずつ減らしていきましょう。

具体的には

  • できていない理由は何なのか
  • なぜそんなに時間がかかってしまうのか
  • 早く終わらせるためにはどうすれば良いのか

これらを考え、1つずつ潰していくことが重要です。

 

できるようになるための方法がわからなければ、一番簡単な方法は

できる人に聞くこと

です。

できている上司やメンバーがどうやっているのかをリサーチして、同じようにすれば自分もできるはずです。

そのようにして、自分の中のできないことを減らしていくことで、いつしかついていけるようになります。

【元コンサルが解説】やばい…コンサルついていけない。と思った時の解決策とはのまとめ

特に新人や新しいプロジェクトに入った時、「ついていけない…」と思うことは多いです。

ですが、ついていけないと感じて行動を止めるよりも、するべきことがあるはずです。

ツラい精神状態はあなたの成長につながります。

これを逆にチャンスと捉え、できないことをクリアしてください。

 

他にも、役に立つコンサル関連記事を下記にまとめていますので、こちらもご参考にどうぞ。

>>コンサル関連記事はコチラ

本記事の中で
Left Caption
  • ちょっとやりかたがわからない
  • もっと詳しく教えて欲しい
などありましたら、プロフィール欄の各種SNSよりいつでもご質問お待ちしております!

2020年12月12日

Posted by ぺりそん