【コンサルティングファームの面接対策まとめ】選考フロー・内定GETの重要ポイント等を徹底解説

2021年1月9日

Interview measures

この記事では

Left Caption
  • コンサル面接の選考フローが知りたい
  • コンサル面接で準備すべきことが知りたい
  • コンサル面接の対策方法が知りたい
  • コンサル面接に合格するための方法が知りたい

という疑問を解消します。

コンサルティングファームを志望している場合、その他業界に比べて面接が特殊なため、入念に面接対策を行っておく必要があります。

 

この記事では、コンサルティングファームの面接の内容や選考フロー、また内定のための重要なポイントなどについて解説しています。

本記事の内容
  • コンサル面接の選考フローがわかる
  • コンサル面接で準備すべきことがわかる
  • ケース面接の対策ができる
  • コンサル面接の合格率が上がる
Left Caption
コンサルティングファーム内定経験ありの著者がお届けします!
CHECK

【まずはぺりそんに気軽に相談してみるべき!】

【筆者がおすすめする厳選エージェントはこちら!】

コンサルティングファームの選考フロー

two gray steel chairs

コンサルティングファームの基本的な選考フローは以下の通り。

  1. ES
  2. WEBテスト
  3. 1次面接
  4. 2次面接
  5. 最終面接
  6. ジョブ(インターン)

ただし、コンサル業界はファームによって選考フローがバラバラです。

例えば、ファームによって筆記試験があったり、グループディスカッションがあったり等。

 

ですので、自分の志望するコンサルティングファームがどのような選考フローなのかをリサーチし、そのファームに合わせた対策をすることをオススメします。

また、後ほど解説するケース面接対策についても、ケース面接を行うファームと行わないファームがありますので注意が必要です。

コンサル面接対策に必要な準備

people sitting on chair in front of table while holding pens during daytime

コンサル面接対策では次の2つの準備を行う必要があります。

  • 通常の面接対策
  • ケース面接対策

ファームによってはケース面接が課されないファームもありますので、その場合はケース面接対策は必要ありません。

ケース面接が課されるファームであっても、通常の面接で聞かれるような質問ももちろんされますので、通常の面接対策もきっちりと行う必要があります。

では、それぞれ具体的な対策内容をお話ししていきます。

通常の面接対策

通常の面接対策の中で特に重点的に準備すべきことは以下の通り。

CHECK
  • 自己紹介
  • 志望動機
  • 他のファームではなく志望のファームを選んだ理由
  • 時事・英語・GDの対策

コンサル面接に限らずですが、これらは高確率で質問される項目ですのでしっかりと準備しておきましょう。

また、時事・英語・GDについては、ファームの選考内容を調べ、必要であれば対策しましょう。

自己紹介

自己紹介では自分の強みと弱みについて話すことが重要です。

そのためには、例えば

  • 自分は何が得意なのか
  • クライアントに対してどんな成果を出せるのか
  • どんな業界のどんな知識があるのか、もしくは興味があるのか

など、自己分析をしっかりと行うことが重要です。

これによって、面接官の質問に対して堂々と回答することができ、その内容も筋の通った論理的な回答になります。

志望動機

コンサルを志望する理由を考える時のポイントは

CHECK

キャリアプランと絡める

ということです。

例えば、

Left Caption

将来、起業することを考えているのですが、その前にコンサルとして経験を積むことで幅広い業界知識とスキルを得ることができ、将来の起業に活かずことができると考えているためです。

などです。

 

仮に

Left Caption
  • ビジネススキルを得るため
  • 業界知識を得るため
  • 人材価値を上げるため

等の回答をしたとしても、

Left Caption
それをして何がしたいの?

というところまで整理しておかないと面接官には刺さりません。

後でキャリアプランについても解説しますが、そのように人生レベルでコンサルを選んだ理由を語ることが重要です。

他のファームではなく志望のファームを選んだ理由

他のファームではなく志望のファームを選んだ理由で意識すべきポイントは

CHECK
  • 論理的かどうか
  • 納得感があるか

です。

 

論理的で納得感のある回答をするためには、志望のファームと他のファームの違いを理解し、志望のファームにしかない魅力を見つける必要があります。

自分がコンサルファームに求める要素を明確にし、志望ファームが自分の求めるものを持っていたため志望しているというロジックで答えるようにしましょう。

時事・英語・GDの対策

筆記試験が課されるファームでは、時事に関する問題や英語問題が出題されることもあります。

ですので、日ごろからニュースは敏感にチェックしておきましょう。

特に、

  • 経済に関するニュース
  • 経済政策に関するニュース
  • 特定の企業が行った経営手法等のニュース

には注目しておくべきです。

 

Left Caption
ちなみに私が2019年に内定をもらったコンサルファームでは「アベノミクス」についての問題が出題されました。

また、英語はコンサルになった後でも武器になる要素ですので、勉強しておいて損はないです。

面接対策という意味でも自己研費という意味でも英語を学んでおきましょう。

ケース面検対策

ケース面接対策で準備すべきことは以下の通り。

  • ケース面接の考え方を理解しておく
  • 多くの問題に触れておく

 

ケース面接で重要となるのは、

CHECK

筋道を立てて答えを導き出すことができるかどうか

です。

ですので、ケース面接の問題は一定の考え方に沿って考えることで、答えに近づくことができるような問題になっています。

まずはその考え方を身に着けることが必要です。

 

そのあとは、多くの問題に触れておくことで、問題に対する拒絶反応がなくなります。

 

ケース面接は短時間でどれだけ答えに近づくことができるか、時間との勝負です。

多くの問題に触れてケース面接に慣れておくことで、問題を解くスピードを数段上げることができます。

Left Caption
おすすめのケース面接対策本です!

コンサル面接対策のポイント

two men talking

コンサル面接で意識すべきポイントは以下の通りです。

CHECK
  • 面接官が見ているポイントを把握する
  • コンサルになった後のキャリアプランを想定しておく

これらを意識することで面接官に好印象を与え、グッと内定に近づけることができます。

1つずつ解説していきます。

面接官が見ているポイントを把握する

コンサル面接で面接官が見ているポイントは以下の通りです。

  • コミュニケーション力
  • 論理的かどうか
  • 思考力があるかどうか

これらの要素は全てコンサルタントとして働いていく上で重要となる要素です。

ですので、これらを面接で面接官にアピールできないと、適性が無いという判断をされてしまう可能性があります。

それぞれ具体的に解説します。

コミュニケーション力

コミュニケーション力とは具体的に言うと

  • 質問に対して的確に答えを発言できる
  • 発言を短くまとめてわかりやすく伝えられる
  • 言葉が詰まったり黙ることがない
  • スムーズに会話のキャッチボールができる
  • 話していてストレスが無い
  • 快適な意思疎通ができる

などのようなスキルです。

面接官は面接を通して

Left Caption
その人と一緒に働きたいと思えるかどうか

ということも見ています。

 

コミュニケーション力をアピールすることで、一緒に働きたいと思わせることができます。

また、コミュニケーション力は言い換えると、会話している相手を不快にさせない技術と言えます。

面接では

Left Caption
  • 変なことを言わないようにしないと
  • 噛まないようにしないと
  • 問違ったことを言わないようにしないと

など極端に固くなってしまう人がいます。

 

ですが、重要なことは

それによって相手を不快にさせていないか

です。

つまり、噛んだり間違えてしまったりしても、それで相手を不快にさせていなければ問題なしです。

ここを意識してコミュニケーション力を伸ばしましょう。

論理的かどうか

論理的かどうかというのを具体的に言うと

  • 回答に納得感があるか
  • 回答の筋が通っているか

ということです。

 

つまり、面接官があなたの回答を聞いて

Left Caption
なるほど。そうだよね。

となればOK

Left Caption

え?なんでそうなるの?

言ってること矛盾してない?

となればNGということです。

 

もちろん人それぞれ意見や考え方は違うため、回答の内容は同じにはなりませんが、論理的な回答は誰が聞いても納得感があります。

論理的に思考するコツは

AだからBだからCだから・・・

という風に、理由づけて話を展開していくことです。

こうすることで、話に筋が通り人が聞いても理解しやすくなります。

思考力があるかどうか

思考力があるというのを具体的に言うと

すぐにはわからない質問をされたとしても、その場で考えて回答できるかどうか

ということです。

コンサル面接では思考力を試すためにわざと答えづらい質問をしたりすることがあります。

その場合でも、その場で答えを導き出し回答することが理想です。

 

ですが、わからないならわかりませんと答えたほうが良い場合もあります。

最もダメなのは

  • 何でも良いから答えようとするあまり嘘をつく
  • 黙り込んでしまう

などです。

 

あくまで面接はコミュニケーションの場です。

わからない質問をされても会話を逸脱しないように注意しましょう。

コンサルになった後のキャリアプランを想定しておく

コンサル面接では、キャリアプランを固めておくことが重要となります。

その理由は、

CHECK

キャリアプランは、志望理由や希望のプロジェクト、希望年収など多くのことに関連しているため

です。

ですので、キャリアプランを固めておくことで回答内容に一貫性が出て、納得感が増します。

ちなみに、キャリアプランは面接後変わっても問題ありません。

重要なことは、面接のときに自身のキャリアを固めておくことです。

 

コンサルになった後で、

Left Caption
面接で言ってたことと違うじゃん!

とか言われることは無いので安心してください。

【コンサルティングファームの面接対策まとめ】選考フロー・内定GETの重要ポイント等を徹底解説

コンサル業界は、特に面接対策をしっかりと行うべき業界です。

特にケース面接が課されるファームでは、対策していることが前提で問題が出されます。

内定を獲得するためにしっかりと面接対策を行いましょう。

 

この記事で紹介していないことで、コンサル面接で最も重要なことは第1印象です。

第一印象についてはコンサルの身だしなみはこれで完壁!スーツから靴下まで全アイテム網羅で解説していますので、こちらもチェックしてみてください。

その他の面接のコツは【面接での失敗例21個に全回答】合格への重要ポイント5つを紹介!でも解説しています。

CHECK

【まずはぺりそんに気軽に相談してみるべき!】

【コンサルタントに興味が湧いた人は】

他にもコンサルになるための記事をまとめていますので、ご活用ください。

>>コンサルになるための記事一覧はコチラ

本記事の中で
Left Caption
  • ちょっとやりかたがわからない
  • もっと詳しく教えて欲しい
などありましたら、下記バナーよりいつでもご質問・ご相談お待ちしております!

LINE@バナー

2021年1月9日

Posted by ぺりそん