【転職成功のコツ】転職先への希望条件に優先順位を付けよう!

XXXXX 仕事選び

この記事では、

  • 希望条件に優先順位ってつけた方がいいの?
  • 優先順位のってどうやって付けるの?

という疑問に答えます。

本記事では、実際に複数回転職を成功させている著者(ぺりそん)の経験のもとづいてお話していきます。

転職をする際は、希望条件を明確に決め優先順位を決めておくことがとても重要です。

優先順位を決めておくことで、転職が成功するかどうかが大きく変わってきます。

現在、転職をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

【転職成功のコツ】転職先への希望条件に優先順位を付けよう!

silver MacBook Pro on white table

あなたは転職先への希望条件を明確に決められていますでしょうか?

ぼんやりと

なんとなく良いところに行きたいな~

みたいに思っていないでしょうか。

もしそうなら、早急に希望条件を決めたほうが良いです。

その理由は、その方が転職の成功率が大きく上昇するからです。

なぜ、希望条件を明確にしていると転職が成功するかというと、

転職が成功したかどうかが、希望条件を満たしたかどうかが明確にわかるためです。

  • 希望条件を満たせていたら成功
  • 希望条件を満たせていなかったら失敗

という感じです。

ですが、希望条件を明確に決めていない場合、

何か嫌なところが1つでもあっただけで、

転職は失敗だった…

という気持ちになってしまいます。

  • 例えば年収が良い所に入れたとしても、教育制度が弱い
  • 人間関係がとても良かったとしても、給料が低い

などです。

正直、全てにおいてパーフェクトな企業に転職できる可能性はとても低いです。

何かしら自分と合わないところというのは出てくるものです。

もちろん、そのようなパーフェクトな企業に入るのが理想です。

ですが、優先順位を決めておいて、その1位2位の条件をクリアすることを目標に企業を選ぶことで、転職の満足感を高めることができます。

さらに、希望条件を明確にしていない場合、自分が本当に希望している条件を満たしていない企業を選んでしまう可能性もあります。

そのような最悪のケースを避けるためにも、転職先への希望条件に優先順位をつけておくことはとても重要となります。

優先順位の付け方は?

MacBook Pro、白いセラミックマグ、テーブル上の黒いスマートフォン

では、実際のこれより希望条件の優先順位をつけていきましょう。

優先順位第1位は、当たり前ですが、転職の一番の目的がこれに該当します。

あなたは何のために転職をするのか、もう一度考えてみてください。

絶対にこれだけは叶えたい

というものが第1位となります。

それ以降の順位については、自分が何を重視するかです。

例えば、下記の項目から自分が重視するものを選んでみましょう。

  • 年収
  • 職場環境
  • 仕事内容
  • 人間関係
  • やりがい
  • スキルアップ

選ぶコツは、それが無い職場をイメージしてみてどれが一番嫌か、という基準で考えてみても良いと思います。

順位が決まったらエージェントに伝えましょう

部屋で銀のラップトップコンピューターを使用しながら茶色の木製の椅子に座っている女性

まず大前提として、転職をする場合、転職エージェントを活用したほうが良いです。

その主な理由は以下の通り。

  • 自分に合った転職先を選ぶことができる
  • 非公開求人を紹介してもらえる
  • 面接・選考対策ができる

転職エージェントは、転職先やキャリア相談をしてくれるので、しっかりと自分に合った転職先を選ぶことができます。

さらに、転職エージェントによっては非公開求人を保有しており、転職サイトには上がっていない求人を紹介してもらえる可能性があります

また、過去の転職実績を活かして、志望先の企業にそった選考対策をしてもらうこともできます。

かつ無料ですので、必ず転職エージェントは活用しましょう。

自分の中で希望条件の優先順位が決まったら、それを転職エージェントに伝えましょう。

転職エージェントに希望条件等をしっかりと伝えないと、自分の希望と全然違った案件を紹介されてしまいます。

その結果、無駄な時間を費やしてしまいますので、転職を最短ルートで終わらせるためにも、転職エージェントに優先順位はしっかりと伝えておくべきです。

【転職成功のコツ】転職先への希望条件に優先順位を付けよう!のまとめ

いかがだったでしょうか。

希望条件の優先順位を決めることができましたでしょうか。

優先順位を決めておくことで転職の成功率が大きく上昇しますので、まだ決めていないという方は、ぜひ一度考えてみてください。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました