曲を聞いただけでコード進行がわかるようになる方法

ギターテクニック
 

プロの人とかって聞いただけですぐギター弾き始めるよね
あれってどうやってるのかなぁ

この記事では、上記の人のような疑問に答えます。

 

初心者の人は通常、曲のコード進行が知りたいとき、コード譜が載っているサイトで検索し、
コード譜を見ながら演奏する人が多いと思います。

ですがプロの人等は、コード譜を見なくてもすぐギターを弾き始めますよね。

それは少しの知識を知ることと、多少の練習によってできるようになることができます。

コード譜を見なくても曲を聴いただけで頭の中でコードが浮かぶようになったら、
とても便利で楽器を演奏するのがさらに楽しくなります

いつでもどこでもカラオケができるってことだね!

ちなみに、この話はコード進行に関する話なので、
コードを出せる楽器なら何の楽器でも適応できます。

ダイアトニックコードを理解する

ギターを弾く人

ダイアトニックコードを理解することは、曲を聞いただけでコード進行がわかるようになる第一歩です。

ダイアトニックコードってなに!??

ダイアトニックコードというのは、曲によく出てくるコードの組み合わせです。

一般的なJ-popなどの曲はコード進行のパターンがある程度決まっており、
出てくるコードの組み合わせもある程度決まっています。

それを理解すれば、なんとなくこの雰囲気の曲はこのパターンかな?という感じ
コードが頭の中に浮かぶという仕組みです。

ダイアトニックコードを覚えると言っても、そんな難しいことではありません。

わかりやすく、ダイアトニックコードを説明します。

ダイアトニックコードの詳しい音楽理論を解説しようとすると複雑ですので、
今回は必要なところだけシンプルに説明します。

まず曲にはそれぞれキーというものが存在します。キーは、その曲の基準になる音であり、
その曲の中で一番安定する音です。
後ほど、キーの見つけ方についても解説します。

それぞれのキーによって、ダイアトニックコードがありますが、
同じパターンなので1つだけ覚えれば残りは応用できます。

例えば、キーがCの場合。
まず、Cから順番にコードを並べます。

 

C D E F G A B

そして次に、2番目にm7、3番目と6番目にmをつけます。
ここは暗記ですが、やってる内に慣れてきます。

C Dm7 Em F G Am B

この中で、7番目のコード(B)はめったに使わないので、消します。

C Dm7 Em F G Am

これでダイアトニックコード完成です。
キーがCの曲は上記のコード達で構成されている曲が多いということになります。

もしも、キーがGなら、

G A B C D E F

G Am7 Bm C D Em F

G Am7 Bm C D Em

となります。

別のキーでもやり方は同じです。

コード譜見たら、確かにほとんど
ダイアトニックコードでできてる!

たまにダイアトニックコードにないコードが出てくることもあり、
その場合はパターンを個別で覚えていく必要がありますが、
ダイアトニックコードだけで構成されている曲も多くあります。

キーの見つけ方

レノボ, フィリップス, 音楽, Onedirection, 歴史, 本, ノート, 表記, キーボード

先ほども書いたとおり、キーは、その曲の基準になる音であり、
その曲の中で一番安定する音となります。

よって、キーは一番初めのコードと、終わりのコードで使われることが多いです。

キーの見つけ方は次の手順になります。

  1. 曲の出だしのフレーズを歌いながら、メジャーコードを適当に鳴らしてみる
  2. 合ってないと感じたら、C→D→E→…という感じで、次のメジャーコードを順番に試していく
  3. 合ってると感じるコードがあったらそれがキーの可能性大!

また、暗い雰囲気の曲ならメジャーコードではなく、マイナーコードをAm→Bm→Cm→…と
鳴らしてみましょう。

キーを見つけたと思ったら、それをジャラーンと鳴らしながら曲が終わる感覚が
あるかも確かめてみましょう。

さらに、キーの見つけ方のコツとしては、

コードはその時の歌の音階を含んでいることが多いので、
その歌いだしのフレーズをギターの単音で弾いてみて、
その音を含んでいるコードはどれか考えてみましょう。

曲の始まりのコードがキーじゃない曲もあるの?

曲の始まりや終わりがキーでない曲もあります。

そのような曲は他の曲に比べてキーを探すのが難しいので、
初めのうちは、キーがわからなかったら調べて答え合わせをして良いでしょう。

何度もそのような曲を経験することによって、パターンを知り、
見なくてもわかるようになってきます。

コードの役割

ギターコード, ギター, 和音, 音楽, 楽器, 文字列, 音響, 黒と白

コードの役割を知ることで、コード進行のパターンを理解することができるようになります。

ここまでで、コードを調べたい曲のキーがわかり、そのダイアトニックコードがわかったと思います。
次に、ダイアトニックコードの内、どのタイミングでどれを使えば良いのかを説明します。

ダイアトニックコードにはそれぞれ役割があり、出てくるタイミングがある程度決まっています
キーが何であっても役割は同じなので、数字(Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ,Ⅳ,Ⅴ,Ⅵ)でコードを表します。

Ⅰ Ⅱm7 Ⅲm Ⅳ Ⅴ Ⅵm

(キーがCなら、C Dm7 Em F G Amということ)

それでは、1つずつ説明していきます。

・Ⅰ:キーとなるコードであり、一番安定するコード。これで始まって、これで終わることが多いです。
・Ⅱm7:Ⅳの仲間。Ⅳと同じようなタイミングで出てくる。
・Ⅲm:不安定なコード。次は安定的なコードにいく。
・Ⅳ:安定と不安定の中間みたいなコード。Bメロの始めでよく出てくる。
・Ⅴ:不安定なコード。次は安定的なコードにいく。
・Ⅵm:安定的なコード

これを理解すると、曲調の雰囲気からなんとなくこのコードかな?という感覚が芽生えてきます。

次に、この役割を踏まえたコード進行の良くあるパターンを紹介します。

・サビ前からサビにいく時等によく使われる:Ⅴ(不安定)→Ⅰ(安定)
・色んな所で出てくる:Ⅳ(中立)→Ⅴ(不安定)→Ⅰ(安定)
・Aメロ、サビでよくあるパターン:Ⅰ→Ⅴ→Ⅵm→Ⅲm→Ⅳ→Ⅰ→Ⅱm7→Ⅴ
・Bメロでよくあるパターン:Ⅳ→Ⅴ→Ⅲm→Ⅵm

読んだだけじゃなんのこっちゃわからんなこれは…

これを実際に色んなキーで弾いてみて、その音の流れと、コードチェンジのパターンを
体にしみ込ませましょう。

同じパターンならどのキーで弾いても、高さは違うだけで、流れは同じ
だということがわかると思います。

効率的な練習方法

アコースティックギターのセレクティブフォーカス写真を演奏する男

上で紹介したコード進行のパターンはあくまで一例で、
違うパターンのコード進行の曲もいっぱいあります。

ですので、たくさんの曲を演奏していく中で、新しいパターンに出会うたびに、
少しずつ覚えていく方法がおすすめです。

効率的な練習方法は、自分でちょっと頑張ってみて無理ならすぐに答えを見る
という方法です。

具体的な手順は、

  1. 歌いながらダイアトニックコードの中から適当にコードを弾く
  2. 合ってないと感じたら別のダイアトニックコードを全て試す
  3. 全て合ってないと感じたらコード譜で答えを見る
  4. コード進行がわかったら、それを数字のパターンとして覚える
  5. 1~4の繰り返しで、色んな曲をやってみる

4の数字のパターンというのは、例えば、C→G→Am→Em(キー:C)という進行が
あったとしても、
これを、Ⅰ→Ⅴ→Ⅵm→Ⅲmと覚えるということです。

こうすることにより、キーが違っていても同じパターンの曲は全て使えるようになります。

次のコードわかんないけど、カンで押さえてやるっ!

初めのうちは、次がどのコードなのか中々わからないと思います。

ですが自分の中で、覚えているパターンが増えていくと、そのパターンで構成されている曲は
弾けるようになるので、1つ覚えるごとに弾ける曲がどんどん増えていきます。

上の手順で何曲もやっていると、20~30曲くらいすれば、
なんとなく次のコードがわかってくると思います。

まとめ

理解できましたでしょうか。
実際にやってみて、少しわかるようになってこないとなかなか
イメージが掴みづらいと思いますが、できるようになることを信じて
思ってやってみてください。

僕自身もできなかったときは、未知の領域で出来る気がまったくしてませんでしたが、
できるようになったら当たり前の感覚です。
選ばれし者だけができるようになる訳じゃありません。誰でもできるようになります。





コメント

タイトルとURLをコピーしました