仕事が頭から離れなくてツラい!休日にしっかりリラックスできる思考と対処法とは?

仕事 頭 から 離れ ない

この記事では

Left Caption
  • 仕事が頭から離れなくてツライ!
  • 休日でも仕事のことを考えてしまう!
  • リラックスするための対処法が知りたい!

という疑問を解消します。

 

仕事が頭から離れなくてツラいという状況になると、休日でも休むことができず仕事で溜まったストレスを解消できずに次週に持ち越してしまいます。その結果、仕事のパフォーマンスも落ちどんどんと悪循環に陥ってしまいます。

 

この記事では、なぜ休日でも仕事が頭から離れないのか、また休日にしっかりとリフレッシュする方法は何なのか、についてお話していきます。

本記事の内容
  • 休日に仕事のことで悩むことがなくなる
  • 仕事と休みのメリハリがつけられるようになる
  • しっかり休むことによって仕事のパフォーマンスが上がる
Left Caption
東証一部コンサルファームを経験し、現在、ITエンジニア・兼ミニマリストとして日々最高の効率を追い求めている僕が記事を書きました。
CHECK

転職に興味が湧いた人注目
おすすめの転職エージェント3社

Left Caption
まず案件をいくつか紹介してもらうだけでも転職のイメージが湧くのでとりあえず登録だけでもしてください!

仕事が頭から離れない!という人の特徴

Girl, Sad, Portrait, Depression, Alone, Stress, Female

まずは仕事が頭から離れなくて困っている、という人のありがちな特徴を見ていきます。

自分に当てはまっているのか、確認してみてください。

  • 運動をしない
  • インドア派・外出が少ない
  • 没頭できる趣味が少ない
  • 休日に人と話す機会が少ない
  • 真面目で責任感が強い
  • 業務量が多い
  • プレッシャーが強い仕事をしている
  • 仕事で問題を抱えている
  • 休日でも仕事の連絡が来る

という感じです。

当てはまっているでしょうか。

 

これらを大きく大別してみると、以下のようになります。

CHECK
  • 生活習慣によるもの
  • 性格によるもの
  • 仕事内容によるもの

ですね。

 

つまり、あなたが「仕事が頭から離れない!」となっているのは、

  • リフレッシュするような生活習慣がないため
  • あなたの性格が気になりやすい性格のため
  • 仕事内容のせい、もしくは仕事が厳しくて休日まで波及しているため

のどれかではないか、ということです。

 

このように、まず客観的に自分がどのような状況や環境にあるのか、ということを把握しましょう。

その上で、後ほど説明する思考法や対処法を実践することが重要となります。

仕事が頭から離れない!となってしまう原因

Baby Girl, Kid, Children, Girl, Child, Cute, Little

では次は「仕事が頭から離れない!」となる具体的な原因について話します。

それは以下の通り。

CHECK
  • 仕事とプライベートを分けて考える思考を理解していないため
  • 頭をリフレッシュさせるための行動を知らないため
  • プライベートでも仕事に触れてしまっているため

です。

 

つまりこれらの原因を解消するためには、シンプルに

  • 仕事とプライベートを分けて考える思考を理解していないため → 理解しよう
  • 頭をリフレッシュさせるための行動を知らないため → 知れば良い
  • プライベートでも仕事に触れてしまっているため → 触れないようにしよう

となるということです。

これらの方法について、この後お話していきます。

仕事が頭から離れない!という人におすすめの思考

Sleeping Cat, No Worries, Cat Sleeping On Back, Cat Nap

まず上で話した原因の内、1つ目の思考についてお話していきます。

僕がおすすめする仕事とプライベートに関する思考は以下です。

CHECK
  • 仕事のパフォーマンスを上げるためにしっかりと休息する
  • 仕事について考えることも業務時間内だけにする
  • 業務時間内に対応できないような仕事はできなくても仕方ない

これらはあくまで僕の思考なので、みなさんにフィットするかどうかはわかりません。

 

ですが、フィットするものがあれば、知るだけであなたを楽にできる可能性があります。

それぞれ詳しく話していきます。

仕事のパフォーマンスを上げるためにしっかりと休息する

まず1つ目はけっこう意識高い人向けの思考です。

どういうことかというと、

休息をしっかり取ることも、仕事のパフォーマンスに影響する。

ならば、休息をしっかり取ることもプロとして徹底するべきことだ。

ということです。

 

けっこう意識高い系発言だと思いますが、共感できる人は続きも読んでみてください。

ビジネスマンなら体調管理もしっかりするべき、という話がありますが、休息も同じですね。

Left Caption

つまり、仕事のパフォーマンスに影響すること、パフォーマンスを上げるためにできることは全てしようよ。

それがプロでしょ。

という話です。

 

そうなると、仕事で結果を出すために努力しているのと同じように、休息することについても徹底する必要があります。

  • どうすれば自分は最も休息できるのか
  • どうすれば最強のリフレッシュができるのか

などを突き詰めて考えて、そのための行動をしないといけません。

 

例えば

CHECK
  • 休息しやすい環境づくり
  • リラックスするためのアイテムの購入
  • リフレッシュする生活習慣を取り入れる

などなどですね。

 

多くの人は、仕事についてはちゃんと考えるけど、プライベートの過ごし方については見逃しがちです。

このように、アグレッシブに休息というものについてもコミットする、という思考を取り入れてみてください。

仕事について考えることも業務時間内だけにする

次は仕事とプライベートのメリハリを徹底的につける、ということです。

つまり、

プライベートの時間は仕事に関することを一切考えない。仕事に関わることは遠ざける

という風に意識的にすることをおすすめします。

 

仕事はもちろん業務時間内だけですよね。

では、仕事について考えていることも仕事だと捉え、業務時間内だけにしましょう。

さらに、メールや通知など、仕事のことを思い出してしまいそうなことは、徹底的に遠ざけましょう。

 

そのように徹底することによって、プライベートは休息だけに集中することができます。

 

もちろん、リラックスしているプライベートのほうが、良いアイデアや画期的な発想が生まれる、ということはあります。

ですが、それは休日にしっかりとリフレッシュできている、という前提の話です。

 

休日に休むことができておらず仕事が頭から離れなくてツラい、という状況なら、まずは徹底的にメリハリをつけることから始めてみましょう。

業務時間内に対応できないような仕事はできなくても仕方ない

これはある種、開き直りの思考ですが、個人的には好きな思考です。

 

自分に課されている仕事は、もちろんですが、業務時間内だけで終わらせる仕事であるべきです。

もちろん、キャパシティを超えた場合に残業対応することもあると思います。

 

ですが、プライベートの時間中に仕事の対応をしないといけない、というものではないはずです。

つまり、休日やプライベート時間も仕事のことを考えないとこなせない仕事というのは、そもそもあなたのキャパシティをオーバーしています。

 

そして、キャパシティをオーバーしていることは、あなたの責任ではありません。

管理者の責任です。

 

要するに、管理者はあなたに適切な量(業務時間内だけで対応できる)の仕事を任せているはずですので、あなたは休日まで仕事に頭を悩ませる必要はないということです。

 

もし、休日に仕事のことを考えなかったとして、あなたがその仕事をこなせないなら、それはあなたに仕事を任せすぎている管理者の問題です。

つまり、あなたが悩む問題ではありません。

 

その場合は、休日まで仕事のことを考えるのではなく、管理者に対して業務量や担当内容の交渉をすべきです。

仕事が頭から離れない!という場合の対処法

woman holding red flower

では、仕事が頭から離れない!という場合の対処法について話していきます。

それは以下の通り。

  • 適度な運動・ウォーキング
  • 人と話す習慣を取り入れる
  • 自然に触れる
  • 趣味など、何かに没頭する
  • 極力仕事の連絡を見ない・取らない
  • キリ良いところまで仕事を終わらせてから帰る

これらを休日の習慣に取り入れることで、リフレッシュしやすくなったり、ストレスを解消しやすくなります。

1つずつ詳しく解説します。

適度な運動・ウォーキング

適度な運動は、強制的に頭の中をカラッぽにしてくれるので最強のリフレッシュ方法です。

Left Caption

どうしても頭から仕事が離れないなら、走ってください!

ハアハア言うまで走ってください!

勝手に頭の中が空っぽになってます。

適度な運動やウォーキングは科学的にも、ストレスの減少などメンタルに好影響を及ぼすことが数多く証明されていますよね。

 

初めは無理する必要はないです。短い距離で、ペースは遅くで良いです。

なるべく景色の良い場所を走ってみてください。

人と話す習慣を取り入れる

人と話すことも、頭の中を仕事から遠ざけてくれます。

もちろん、話す内容は仕事以外の話にしてください。

 

さらに言うと、いつも話している相手ではなく、新しい相手と話してみましょう。

そのほうが、脳が仕事以外の別のことに意識が向きます。

 

友達でも異性でも誰でも良いので、どうでも良い話をして楽しんでみてください。

自然に触れる

自然に触れることもリフレッシュ効果が高いです。

自然に触れたり、自然にあふれる光景を目にするだけで、ストレスが減少しリフレッシュ効果があると言われています。

 

休日、家にこもっているよりは、公園に行ってみたり等、自然が多い場所に外出することで、ウォーキングもできますし自然にも触れられるしでダブルで効果ありです。

Left Caption
  • そんな時間がない!
  • 行く気にならない!

という人は、自然の絵や写真でも効果があると言われています。

ですので、スマホやPCの待受などに行きたくなるような自然の写真を設定することもおすすめです。

趣味など、何かに没頭する

趣味や好きなことがある人は、それに没頭しましょう。

これは言うまでもなくリフレッシュになります。

これまでやりたいと思っていたけど、まだ挑戦できていないこと。

面白いと聞いたことがあるけど、試したことがないこと。

など、この際にやってみてはいかがでしょうか。

 

新しいことに挑戦するということも、頭を仕事から切り替えるためには効果的です。

ぜひ、何か没頭できるものを見つけてみましょう。

極力仕事の連絡を見ない・取らない

休日は、極力仕事の連絡を見ない・取らない、ようにしましょう。

具体的には

  • メールを見ない
  • 電話に出ない
  • 仕事に関する情報収集をしない

などです。

 

このようなことは、仕事をしていると同義です。

休日に仕事をしないでください。

 

休日でも対応しないといけないような、緊急を要する仕事なら別ですが、大抵の仕事は休日でも連絡を取らないといけないようなことはありません。

周りのメンバーに対して、初めから、

Left Caption
僕は休みの日は電話放置してるので出ません。

と宣言しておいても良いくらいです。

キリ良いところまで仕事を終わらせてから帰る

なるべく休日に仕事のことを考えないように、仕事をひと区切りつかせてから帰る、ということも重要です。

中途半端なところで仕事を終わらせていると、やっぱりその後仕事のことが気になってしまうものです。

 

ひと区切りつけるポイントは

Left Caption
  • そこまで到達していれば問題ない。
  • とりあえず安心だ。
  • 自分の責任は果たした。
  • これでダメなら仕方ない。

というポイントです。

 

できるだけ、そのポイントまで到達させた状態で帰宅すれば、休日仕事のことを考える必要性がなくなるはずです。

そうするために残業時間が爆増する、となってしまうのは良くないですが、できる限りキリ良いところまで終わらせてから帰宅しましょう。

仕事が頭から離れなくてツラい!休日にしっかりリラックスできる思考と対処法とは?のまとめ

仕事が頭から離れなくてツラい!と思っている人は、まずは何が原因なのか把握しましょう

そして、思考を変え、リフレッシュするための行動を取りましょう。

 

人によっては、そこまでコミットしないと仕事と休日のメリハリはつけることが難しいです。

CHECK

転職に興味が湧いた人注目
おすすめの転職エージェント3社

Left Caption
まず案件をいくつか紹介してもらうだけでも転職のイメージが湧くのでとりあえず登録だけでもしてください!

他にも仕事術についての記事をまとめています。

>>仕事術に関する記事

本記事の中で
Left Caption
  • ちょっとやりかたがわからない
  • もっと詳しく教えて欲しい
などありましたら、下記バナーよりいつでもご質問・ご相談お待ちしております!

LINE@バナー

Posted by ぺりそん