【呼び名が複数ある理由も解説】歌手、アーティスト、シンガーソングライター、アイドルの違いは?

2018年10月26日

この記事では、

Left Caption
  • 歌手・アーティスト・シンガーソングライター・アイドルの違いって?
  • 色々呼び方あるけど、なんでだろう?

という疑問に答えます。

歌手・アーティスト・シンガーソングライター・アイドル等は、活動内容は同じようでも呼び名が多くてややこしいですよね。

 

この記事では、歌手・アーティスト・シンガーソングライター・アイドルの意味の違いと活動内容の違いをまとめています。

本記事の内容
  • 歌手・アーティスト・シンガーソングライター・アイドルのそれぞれの言葉の意味・違い
  • それぞれの活動内容の違い
  • なぜ色々な呼び方があるのか

歌手・アーティスト・シンガーソングライター・アイドルの違い

人の手

歌手・アーティスト・シンガーソングライター・アイドルの言葉の意味

とりあえず、その言葉の意味をWikipediaで調べてみました。

  • 「歌手」:歌を歌うことを職業とする人、主にネットで「歌い手」と呼ばれる人も、これと同じ
  • 「アーティスト」:自身の芸術活動を主な収入源とする人
  • 「シンガーソングライター」:作詞、作曲を自分自身で行う歌手を指す
  • 「アイドル」:成長過程をファンと共有し、存在そのものの魅力で活躍する人物

つまりこれをざっくりと言い直すと、

 

CHECK
  • 「歌手」:歌を歌ってお金を稼ぐ人
  • 「アーティスト」:歌だけじゃなく、絵を描いたり、彫刻したり等、芸術活動でお金を稼ぐ人
  • 「シンガーソングライター」:作詞作曲をして、歌も歌う人(歌わない場合もあるよ)
  • 「アイドル」:何をしてるかは関係なくて、外見、性格、歌等、その人のあらゆるものを使って活躍する人

という風になります。

これを見ると、それぞれの言葉に明確な区分けはなく、意味が重なってる部分もあるようですね。

つまり、もし歌を歌って収入を得たなら、それはアーティストであり、歌手でもある。

その歌を自分で作ったなら、シンガーソングライターでもあるし、

なんか外見もイケててキラキラしてたら、アイドルでもあるかもしれないってことですね。

歌手・アーティスト・シンガーソングライター・アイドルの活動内容の違い

歌手・アーティスト・シンガーソングライター・アイドルで、それぞれ活動内容は違う部分があります。

CHECK
  • 歌手:ボイストレーニング・作詞作曲・レコーディング・ライブ、等
  • アーティスト:芸術活動全般
  • シンガーソングライター:ボイストレーニング・作詞作曲・レコーディング・ライブ、等
  • アイドル:ダンストレーニング・ライブ・握手会・イベント、等

それぞれの呼び方でなんとなくイメージが違うと思います。

例えば、

Left Caption
「私は〇〇の誰々です。」

と名乗るときに、活動内容と呼び方のイメージがあっていないと、違和感を感じさせてしまいます

「自分はアーティストです。」と言いながら、カバーソングばかり歌っていたとしても違和感を感じますよね。

また、オーディションを受ける際も注意が必要です。

歌を作ったり、歌ったりしたいのに、アイドルオーディションを受けてしまったら、その後、ダンスや、写真撮影が主な仕事になってしまうので、注意が必要です。

歌手、アーティスト、シンガーソングライター、アイドル等、多くの呼び方がある理由

パーティールーム内の灰色のマイク
これらの言葉にそこまで明確な区分けはありませんでしたが、なぜ様々な呼び方があるのでしょうか。

歌手、アーティスト、シンガーソングライター、アイドルに限らず、同じ様なものに色々な呼び方があるということは、他にも多く存在します。

例えば

起業家、企業家、事業家、実業家
クッキー、ビスケット

などもそうですよね。

それには2つ理由があります。

色々な呼び方が作られる理由1:微妙に意味が違うため

何か活動をする場合や、何かを作るとき等、すでにあるものとの差別化をするために、それまでとは違ったことを行う場合が多くあります。

その場合、元々あった呼び方では微妙に意味や内容が違うため、新しく呼び方を作ることになります。

例えば、

それまで歌を歌う人は、「歌手」という呼び方が一般的でしたが、ある人が歌を歌うことに加えて、絵を描いたり、色々な芸術活動をし出したとします。

その時、「歌手」と呼ぶには違和感があるため、そのように芸術活動全般をする人を、「アーティスト」と呼ぶ。

という感じです。

色々な呼び方が作られる理由2:マーケティング戦略

もう一つの理由は、マーケティング戦略です。

つまり、より人気が出るようにしたり、売れるようにするために、新しく呼び方をつける、ということです。

これまで歌を歌う人は「歌手」と呼ばれていたのに、急に「アーティストです」という人が出てきたら、

Left Caption
なんだこの人は

と注目しちゃいますよね。

やってることはほとんど同じだったとしても、呼び方を変えて注目を集めるという、マーケティング手法があるということです。

「歌手、アーティスト、シンガーソングライター、アイドルの違い」のまとめ

以上、歌手、アーティスト、シンガーソングライター、アイドルの違いについてでした。

そこまで言葉にこだわる必要はないと思いますが、一応、言葉の定義や活動内容の違いを知っておくと役に立つことがあるかもしれません。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この他にも、ためになるような話や、知っておいたほうが良い知識など発信しているので、よろしければ別の記事もご覧になってください。

本記事の中で
Left Caption
  • ちょっとやりかたがわからない
  • もっと詳しく教えて欲しい
などありましたら、プロフィール欄の各種SNSよりいつでもご質問お待ちしております!

2018年10月26日

Posted by ぺりそん