スキルがなくても未経験異業種に転職するべき!その理由とは?

仕事選び

この記事では、

  • スキルがなくても転職できるの?
  • スキルがなくても転職するべき理由は?
  • スキルがなくても未経験異業種に転職する方法は?

という疑問に答えます。

本記事では、実際に転職を複数回経験している著者(ぺりそん)の経験を基にお話していきます。

私は新卒で公務員になり、その後完全未経験で経営コンサルタントになりました。

そして更にその後、また未経験でITエンジニアになりました。

なぜこんなに未経験で転職するのかと思う方もおられると思いますので、今回はスキル無しで未経験異業種に転職するメリット・デメリットと、未経験で転職する方法などをまとめました。

ぜひ参考にしてみてください。

スキルがなくても未経験の業界に転職するべき!その理由とは?

丸いボールを保持しているパーカーの人のグレースケール写真

この記事を読んでいただいている人は、おそらく未経験異業種への転職に挑戦しようかと迷っている人なのではないかと思います。

タイトルにも書いていますが、

未経験でも異業種に転職するべきです。スキルがなくても全く問題ありません。

現状として、スキルなし・未経験でも採用活動を行っている企業はたくさん存在します。

業界や時期にもよりますが、現在は人手不足なのでとりあえず求人案件を見て確認してみてはいかがでしょうか。

では、次から未経験でも異業種に転職するべき理由を解説していきます。

スキルなしで未経験異業種に転職するメリット

スキルなしで未経験異業種に転職するメリットは以下の通りです。

  • スキルが身につく
  • 将来的に市場価値が上がり、年収が跳ね上がる

では詳しく説明していきます。

メリット1:スキルが身につく

スキルなしで未経験異業種に転職することで、当たり前ですが、その業種のスキルを身につけることができます。

逆に言うと異業種に転職する目的は、このスキルアップのためであることが望ましいです。

その業種に転職することで、どのようなスキルが身につくのかをリサーチし、そのスキルを身に着けたいから転職をする、という考え方で転職先を選択しましょう。

メリット2:将来的に市場価値が上がり、年収が跳ね上がる

1つの業種をずっと続けるよりも、いくつかのスキルを見につけて広範囲の仕事をこなせるようになったほうが人材としての価値は上がります。

そして

人材としての価値が上がる=市場価値が上がる=年収が上がる

ということです。

例えば、

  • 英語もできるエンジニア
  • 上流工程もこなせるエンジニア
  • マーケティングもわかるWebデザイナー

などなど、組み合わせは無限大です。

自分が今持っているスキルと何をかけあわせれば需要が上がるのかを考えましょう。

そして、掛け合わせることで市場価値が何倍にも上がるスキルを獲得するために転職を検討しましょう。

コツは自分ができる範囲をじわじわと広げていくイメージです。

全部1人でできるようになるイメージ

スキルなしで未経験異業種に転職するデメリット

逆にいくつかデメリットもあり、それが以下の通り。

  • 一時的に年収が下がる可能性がある
  • 最初は覚えるのが大変

ですが、このデメリットは当たり前のことですし、将来大きくなって返ってくるものです。

詳しく説明していきます。

デメリット1:一時的に年収が下がる可能性がある

スキルなし未経験で転職をした場合、1からのスタートとなりますので、年収も当然一番下からのスタートとなります。

企業によっては前職での年収を考慮してくれるところもあるので、そこは交渉とアピール次第のところもありますが、基本的には一番下からのスタートです。

また業界によっては未経験からスタートしても、前職より年収が上がる場合もあります。

公務員→コンサルで年収100万上がりました😊

一時的に年収が下がったとしても、そのスキルを得ることによって自分の市場価値が上がった時、前の仕事を続けていたときよりも年収が上がる可能性は大きいです。

ですので一時のお金よりもスキルが重要ですので、スキルを獲得しにいきましょう。

デメリット2:最初は覚えるのが大変

当たり前ですが、未経験からスタートする場合、その仕事を1から覚えていく必要があります。

ですが、それがつまりスキルを得ることです。

スキルを得たいと思って転職しているなら、それを覚えていくことはそこまで苦にはならないのではと思います。

スキルなし未経験で異業種に転職するための方法

黒のスーツのジャケットを着ている人

ここからは転職面接時に、スキルなし未経験で異業種に転職する際のおすすめの方法を説明します。

それは以下の通り。

  • 業種関係なく使える能力をアピールする
  • 成長が早いことをアピールする
  • 前職の経験を活かすエピソードを用意する

簡単に言うと、

自分はこんなに優秀なので、すぐに溶け込みますし、すぐ成長して使えるようになりますよ!

ということをアピールするということです。

1つずつ詳しく説明していきます。

業種関係なく使える能力をアピールする

まず1つ目は、「業種関係なく使える能力をアピールする」です。

業種関係なく使える能力とは、

  • コミュニケーションスキル
  • ドキュメンテーションスキル
  • プレゼンスキル

などです。

これらのスキルは、業種関係なく使うことがあるスキルです。

これらのスキルをアピールすることで、転職先でも戦力になりやすいことをアピールできます。

成長が早いことをアピールする

次は、「成長が早いことをアピールする」です。

その理由は未経験で転職する場合、採用側は新規採用後、あなたを教育していち早く売上を上げてくれる社員になってほしいと思っているためです。

具体的には、

  • 前職でどれくらいの期間で戦力になっていたかの話をする
  • 長所として飲み込みの早さをアピールする

などがあります。

すぐに戦力になろうと思っているという意思と、その能力があることをアピールすることが重要です。

前職の経験を活かすエピソードを用意する

未経験と言っても、前職の経験が全く活かせないということはめったにありません。

企業というのはだいたい同じようなことをやっているものです。

ですので、「前職の経験を活かすエピソードを用意する」と効果的です。

例えば、

  • 法人の理事長と話をする経験が多く合ったので、経営者と話しても問題ない度胸がある
  • 何時間も集中してミス無く作業する経験があったので、そのような作業は得意だ
  • 1日でアポを〇〇個こなした経験があるので、フットワークの軽さには自信がある

などです。

このように、前職の経験でも言いようによっては、魅力となることもあります。

自分のアピールポイントがないという人は、これまでの経験を一度見直してみましょう。

スキルがなくても未経験異業種に転職するべき!その理由とは?のまとめ

いかがでしょうか。

スキルなし未経験で異業種に転職を検討している人には、参考になったのではないでしょうか。

1つの業種をずっと続けることも、スペシャリストになるには良い選択だと思います。

しかし、市場で求められているのは広い範囲の仕事ができる人材です。

自分が転職によって得ることのできるスキルを得たとしたら、どれくらいの市場価値でどれくらいの年収になれるのか、シュミレーションした上で、転職の計画を立てることが重要です。

そのためには、キャリアプランを立てて、計画的にスキルアップしていくことが必要です。

キャリアプランを立てたことのないという人は、下記記事を参考にしてみてください。

404 NOT FOUND | PERIBLOG

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました