あなたが転職を決断できない理由はズバリこれです!

仕事選び

この記事では、

  • 転職を決断できない
  • 転職すべきなのかどうかハッキリさせたい

という方へ向けて書いています。

本記事は、実際に転職を複数回成功させている著者(ぺりそん)の経験をふまえてお話していきます。

この記事を見ている皆さんは、今の仕事に何らかの不満を抱えており転職を検討している方だと思います。

転職は人生のターニングポイントになるものですので、なかなか決断しづらいですよね。

ましてや初めての転職を検討している場合はなおさらですよね。

今回はあなたが転職を決断できない理由と、それに対する対処法をお話していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

あなたが転職を決断できない理由はズバリこれです!

では、あなたが転職を決断できない理由をお話していきます。

今転職を検討しているけどなかなか決断できないという方の多くは、下記のような思いを抱えているのではと思います。

  • 転職に失敗したらどうしよう
  • 辞めないほうが良いかなぁ
  • でも今の仕事を続けていくのもツラい
  • なんだか漠然とした不安がある

などです。

では、転職を決断できる人はこれらの思いを抱えていないのかというと、実はそんな事はありません。

転職を決断できる人でも、転職は不安なものですし、転職が成功するかどうかなんてわかりません。

では、転職を決断できる人と決断できない人の違いは何なのでしょうか。

それは、

「人生設計ができているかどうか」

です。

つまり、あなたが転職を決断できない理由は、ズバリ「人生設計ができていないため」です。

人生設計とはライフプランとも言います。

簡単に言うと、あなたはどんな人生を送りたいですか?ということです。

あなたが「こんな人生を送りたい」というものがあれば、今の状況がその人生に沿っているのかを考えることができます。

人生設計に今の状況が沿っているのであればそのままで良いし、沿っていないのであれば何かしらの行動をする必要があります。

つまり人生設計をすることで、転職をするかどうか判断できるようになるということです。

人生設計をする方法

シャープペンシルを使用してトレーシングペーパーにレタ​​リングする人

ここからは人生設計をする方法についてお話していきます。

人生設計の手順としては以下です。

人生の最大目標を決める

ライフプランを決める

キャリアプランを決める

ここまで決めることで確実に転職を決断することができます。

この記事では、人生の最大目標を決めるところまでを説明します。

この内ライフプランとキャリアプランの立て方については別記事で解説していますので、そちらを参考にしてください。

http://junperisong.com/job-change-success/how-to-choose-job/job-hunting

http://junperisong.com/job-change-success/how-to-choose-job/quit-job

人生設計と言うと、一般的に思い浮かべるのは

  • ~歳で〇〇をする
  • ~歳で✕✕をする

という年表だと思います。

これも重要ですが、これを作るためにはもう一つ手前の

人生に対する思想のようなものを決める必要があります。

これは、あなたの「人生の最大目標」ということになります。

あなたが幸せな人生を送るために、絶対に叶えないといけないことです。

人生の最大目標を決める

では、人生の最大目標を決める方法を説明していきます。

それを決める方法は、

「終わりを思い描くことから始める」

です。
(「7つの習慣」スティーブン・R・コヴィーより)

具体的な方法を説明していきます。

まず自分の葬儀の情景を思い浮かべてください。

あなたが死ぬ時は必ず来ます。

どんな人生を送ったとてもその瞬間は必ず来ます。

その人生の終わりからさかのぼって考えることで、今後の人生の方向性が定まってきます。

自分の葬儀を思い浮かべたら、自分の弔辞が読まれます。

そこで、あなたは生前どんな人だったと言われたいですか?

例えば、

  • 「あの人は本当に仕事で大きな成果を上げてくれました。」
  • 「あの人は社会に大きな貢献をもたらしました。」
  • 「あの人は本当に人のことを想って自分を犠牲にできる人でした。」
  • 「あの人は本当に優しい人で、多くの人を救ってきました。」

などなど。

ここで特に思い出がないと思われたり、嫌な思い出を思い浮かべられたりしたらどうでしょうか。

自分の人生全てをかけて、他人に与えた影響がそれっぽっちというのは、死んでも死にきれないと思います。

これをすることによって、自分が目指すべき人生の方向性がぼんやりと浮かんでくるのではないでしょうか。

さらに具体的にイメージするために、以下の質問に答えてみてください。

  1. あなたの人生に良い影響を与えた人を思い浮かべてください。その人のどんなところを見習いたいですか?
  2. 大切な人々に囲まれている20年後のあなたの姿を想像してください。周りにいる人たちは誰でしょう?そのときあなたは何をしていますか?
  3. 2つの超高層ビルの間に、幅15センチの鉄の橋が渡されているとします。何のためならそこを渡ってもよいと思いますか?お金?名声?兄弟?家族?
  4. あなたが心から勇気づけられたときのことを書いてください。
  5. もし1年が366日だったら、その増えた1日には何をしますか?
  6. 一日中、大きな図書館であなたの好きなことを勉強して過ごせるとしたら、何を勉強しますか?
  7. あなたを何に例えたらよいか考えてください。花、歌、動物など何でも結構です。なぜそれを選択しましたか?
  8. あなたにとってのヒーロー、またはヒロインを挙げてください。なぜその人を選んだのですか?

(「7つの習慣」スティーブン・R・コヴィーより)

これらの質問に答えることを通じて、自分が目指すべき人生が浮かんできましたでしょうか。

この最大目標はそこまでハッキリ言語化できなくても大丈夫です。

ぼんやりとしたイメージで良いですが、自分の目指すべき人生はしっかりと決めましょう。

個人憲法を作る

次は個人憲法を作っていきます。

これは、先ほど考えた自分の「人生の最大目標」を叶えるために絶対に守らないといけないルールです。

つまり、自分だけの憲法を作っていきます。

これだけは守ろうという自分の人間としてのルールをよく考えて作ってください。

これは一朝一夕にはできないかもしれませんが、それでも良いです。

時間をかけて作ってみてください。

下に例を書いておきます。

  • 自分と自分の周りの人々を信頼する
  • 助け合いの精神に日々努める
  • 全ての人にやさしく礼儀正しく接し、敬意を払う
  • 誰かを変えようとする前に、まず自分が変わることを肝に銘じる
  • 到達できる目標を定める
  • 言葉ではなく、態度で語りかける
  • 小さなことでも当たり前だと思わない
  • 自分より不幸な人や、つらい日々を過ごしている人を助ける時間を作る
  • 他人が自分と違うことを認め、その多様性を受け入れ、大きな利点と見る

などなど。

これらを参考に個人憲法を作ったら、それを書いて部屋に貼りましょう。

それができない人は、スマホの待受にしましょう。

とにかく、毎日目に触れる所において、毎日忘れないようにしましょう。

ここまでできたら、次は人生年表を作って、さらにキャリアプランを作ってみてください。

これができれば、そのプランにあなたの現状が沿っているかどうかを考え、転職を検討してみてください。

絶対に今よりは決断がしやすくなっているはずです。

あなたが転職を決断できない理由はズバリこれです!のまとめ

いかがだったでしょうか。

これまで自分の人生の目標を考えたことのなかった人にとっては重要なお話です。

自分の最大目標や個人憲法を作ることは、かなり労力と時間がかかることだと思います。

ですが最大目標や個人憲法は、この転職のタイミングだけじゃなく、今後の人生全てにおいて必要になるものです。

じっくりと時間をかけてよく考えて作りましょう。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました